イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 副交感神経が高まり心と身体がリラックスできる ‘そば米汁’

[ドクターの食卓から] 副交感神経が高まり心と身体がリラックスできる ‘そば米汁’

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島の郷土料理「そば米汁」

徳島県で伝統的に食べられている「そば米汁」という郷土料理。

そば米とは、蕎麦の実を茹でて皮を剥いた雑穀米の一種です。そばを粉にしないで実のまま食べるのは珍しいので調べてみたら、米がほとんどとれない山間部の村で栽培期間が短いそばをつくりはじめたのが発祥とのこと。

そば米に含まれる食物繊維は白米の8倍以上!
さらに蕎麦に特異的に含まれる「コリン」という栄養素が副交感神経の働きを高めるので、腸の動きが良くなり便秘の解消に効果的。

ミシュラン三ツ星でいただく蕎麦料理の効能は?

他にも睡眠ホルモンの「メラトニン」の産生を高めて睡眠の質を良くすることが期待できます。最近の研究ではメラトニンは超強力な抗酸化物質として知られていて、抗がん作用や認知症予防でも注目されています。

またお蕎麦には疲労回復に役立つビタミンB群が豊富なことでも知られています。
ビタミンB群は水溶性ですのでお蕎麦を茹でると茹で汁に溶け出してしまうのですが、その点、そば米汁は汁ごと全部いただけるので、蕎麦の栄養素を完璧に摂るに最適です。

写真の見るからに素敵な逸品は、日本で一番長くミシュランの三ツ星に輝く‘元麻布かんだ’さんでいただいたもの。一見すると素朴な郷土料理が供されたように見えますが、上品なお出汁に、蕎麦の香りとプチプチとしたそば米特有の食感はまごうことなきレストランのお料理。

本来のレストランの語源は、ラテン語で回復を意味する「restauro」。
体調のすぐれない人のために消化の良い食べ物、すなわちコンソメやライスプディングを出して悪くなった体調を回復=レストレさせる店、それがレストランでした。
コロナ禍で、この暑さで人々の心も身体も極限まで疲れているような気がします。

そう意味ではこの一品は神田大将の優しさの塊なのでないかと感じたピエールでした。

かんだ
東京都港区元麻布3丁目6−34

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

Pierre met the local dish of Tokushima Prefecture ‘Buckwheat rice soup’ at the Japanese restaurant with three Michelin stars.
Buckwheat rice contains more than 8 times the dietary fiber of white rice!And ‘choline’ contained in buckwheat helps relieve constipation.

It also contains a lot of B vitamins, so it is effective for relieving fatigue and insomnia.Since B vitamins are water-soluble ingredients, this soup is perfect to take the whole nutritions of buckwheat rice.

The etymology of the restaurant is “restauro” which means recovery in Latin, and originally refers to the place providing digestible food to restore physical condition.Providing such soup for the health of guests may be one of the reasons why chefs can maintain the 3-star over 10 years.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら