イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ ドクターの食卓から] コロナ対策もガン予防もブルーベリー

[ ドクターの食卓から] コロナ対策もガン予防もブルーベリー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーベリーで免疫力アップ!

築100年・約1000坪という小笠原伯爵邸は、お庭も立派で白い美しいテントの中でお食事がいただけるからコロナ禍のお食事会には本当にありがたい。

スターターで供されたのがブルーベリーのガスパチョ
どこか青いトマトの香りとブルーベリーの酸味が食欲を喚起してくれるだけでなく、免疫力を上げてくれるとってもお客さん思いの一品

スーパーフード、ブルーベリーの医食同源効果

注目されているのは、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が免疫力を高めてナチュラルキラー(NK)細胞を増やす働きナチュラルキラー細胞=生まれながらの殺し屋 という物騒なネイミングですが、我々の身体にとっては大きな味方体外からウィルスが侵入してきたときに、まず最初に戦ってくれるのがNK細胞。コロナが収まらないこの時期に食べない理由はないよね!

また感染症だけでなく、ガンの予防にも重要
健康な人でも、実は一日に数千個の細胞ががん化していると言われており、ナチュラルキラー細胞は体内を巡回して、ガン細胞を見つけてはそれ以上増えないように攻撃してくれます。

体内のNK細胞は、20歳くらいをピークにその数が減るので、徐々に免疫力が下がってきてしまいます。でも心配無用。NK細胞の数は、ベリーを6週間食べ続けることで、2倍に増えるという報告もあり!

そんなこともあってかブルーベリーは昨今スーパーフルーツとして人気で、アメリカでは1994年に比べて消費量が6倍にも跳ね上がっています。嬉しいことにブルーベリーは冷凍しても栄養価は失われずむしろ増えるので、ピエールは夜小腹が空いたときに食べています。

ちなみにNK細胞は、笑うと活性化するという実験結果も。
“毎日笑ってブルーベリー“ ウィルス予防にがん予防に、習慣づけたいですね。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

小笠原伯爵邸

東京都新宿区河田町10−10

 

First met Blueberry gazpacho at the Spanish restaurant located in the 100-year-old renovated residence.

Its beautiful sourness of tomato and blueberry stimulated my appetite.

Blueberry has recently attracted much attention as the super fruit.One of the reasons is anthocyanin, a kind of polyphenol, prepares the intestinal environment.And blueberry also has the effect of increasing immunity and natural killer (NK) cells.

Natural killer cells attack cancer cells in the body and cells infected with viruses.The number decreases after the age of 20, but it can be doubled by eating berries for 6 weeks.

Blueberry doesn’t lose its nutritional value even frozen.So I recommend you to keep it in the freezer for cancer prevention!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら