イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ ドクターの食卓から] 美肌のためにシンコを喰わむ

[ ドクターの食卓から] 美肌のためにシンコを喰わむ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の伝統的な寿司食材、シンコ

モナコ辺りのセレブは古くから美肌のためにキャビアを好みましたが、現代の日本を生きる私たちは美肌のためにはシンコかな。

夏の風物詩として昔から江戸っ子に愛されてきたシンコを、住所や電話番号はおろか、正式な名称までもが非公開というボブ寿司さんで贅沢にも一皿たっぷり。

シンコは小肌、コノシロ、と大きくなるにつれて名前が変わる出世魚。江戸時代まで武士は出世に伴って名前を変える習慣があり、そこから出世魚は縁起のよい魚とされるようになったみたい。
すぐ成長して小肌になってしまうため、シンコと呼ばれる時期は7~8月頃とごくわずか。特に早い時期に食べるほど美味しいとされ、シンコの初物は初夏の楽しみのひとつ。

高度な職人技が必要

ところでシンコが高級なのは、その価格と職人の手間がすごいから。
小肌よりも更にの加減をデリケートに、職人は技の全てを集約して最高のものを作らなくてはならない。それだけ大変で仕入れが高くても、江戸前の寿司屋は威光を賭けて初物を競り落とし多くのお店が原価ギリギリや原価割れで提供している。これは昔から’初物は儲からない’と割り切り、手間暇かけて損をする、年に一度の意地と誇りの仕事だから。

ところで酢で柔らかくなっているので気付かないものの、実はシンコには小骨がついているのでカルシウム満点
カルシウムというと骨を強くするイメージですが、実は美肌には欠かせないミネラルお肌の内側に存在し、細胞を再生してお肌の生まれ変わりをスムーズにしてくれる。
酢にはカルシウムの吸収率を上げる効果があるので、非常に理にかなった食べ方ですね。

またシンコには「肌とエネルギー代謝のビタミン」と呼ばれるビタミンB2、保湿効果のあるマグネシウムや血流を良くするDHAEPAも豊富

ピエールも大将の粋な計らいとたっぷりのシンコで翌日にはお肌ピチピチになってました。

梅雨が明けて、マスクをしていると大事なミネラルは汗で失われがち。
ちょっと贅沢ではあるけれど、旬のシンコの力で美肌を目指しましょう

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Shinko, the young gizzard shad, is the traditional Sushi ingredients in summer which have long been loved in Tokyo.

As it grows, it becomes the fish with different name, so the season is only around July to August.It is one of the pleasures of early summer, as the best one is from the early season.

It is usually marinated with salt and vinegar, and since the body is very small, it requires a high level of craftsmanship.Shinko has small bones and is rich in calcium to smoothes the rebirth of the skin.Its bone is softened with vinegar, and vinegar helps absorb calcium.

Vitamin B2 for skin metabolism, and magnesium with moisturizing effect, are also abundant in Shinko.So it may be more effective on your skin than caviar.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら