奄美大島で幻の海老を食すの巻

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻の海老、セミエビ!

龍が通るという伝説がある浜に佇むプライベートホテル。ここで週末を過ごすのは世界を旅してきたピエールにとっても贅沢な体験。

船をチャーターして向かうは市場。
梅雨明け間近のこの時期は伊勢海老が禁漁。でも伊勢海老に勝るとも劣らない食材を発見!それはセミのような形をしていることから、セミエビ。英語ではスリッパ海老と呼ばれています。

九州や四国の太平洋側、沖縄の周辺といった温暖な海に生息していますが、その漁獲量は旬の時期を判断できないほどに少ないしかも活けを食すのが最良とされているので産地でほとんど消費されてしまい、幻の海老とも言われ伊勢海老の2倍強という高級なお値段がつくことも。

セミエビの知られざるパワー   医食同源効果

これを海老好きのピエールはお刺身と蒸しの2種類で楽しむことに!活きたままを捌いて貰ったから、一生忘れないのでは無いかと思うほどプリップリの食感。
島には木々が多く豊富なプランクトンがおり、それを食べた貝を餌にしているからか、独特な甘味と旨味の濃厚さが魅力的!

さて、この最高のエビをどのように味付けして食べるのかは悩ましいところ。
用意したのは醤油胡椒わさびの4種類。もちろんどれを合わせても最高ですが、お刺身に塩と胡椒の組み合わせは今までにない取り合わせだったかも…。

奄美大島と同様にビーチと山で構成されるコルシカ島で栽培されているヴェルメンティーノと一緒に合わせたら昇天もの!蒸したものは大胆に真っ二つにして大振りで食します。肝を潰すようにワサビと少しの醤油をつけたらこれまた別世界の美味しさ。

セミエビは美味しいのみでなく栄養価も高く、タンパク質が豊富でありながら低カロリー、低コレステロールエビのオレンジ色は「アスタキサンチン」という強力な抗酸化力作用を持つ成分。

奄美の強い紫外線によるお肌の老化を防いでくれることを期待して、パクつきました。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

HOTEL THE SCENE
鹿児島県 大島郡瀬戸内町蘇刈970

 

Enjoying my holiday on the island “Amami Oshima” in the south of Japan.

The picture shows the very rare shrimp called “slipper shrimp” caught near the island.The catch is extremely small and most of it is consumed locally and not go on the market.

The meat is orange because it eats shellfish, and its springy texture and rich flavor may be more than the famous “Ise shrimp”.

Astaxanthin, abundant in shrimp, has a strong antioxidant power and protects the skin from aging due to UV rays, so it is the great encouragement for cruising on a sunny day.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら