嗅ぐだけで脳が生き返るお話し

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香りが脳を刺激する

鮎の塩焼きにタデ酢が添えられるのは定番ですが、目を疑うほどの大量のタデの葉と共に供されたのは初めてのこと。

住宅街に佇む三つ星レストランの中に薫されたタデの葉の香りがあたりに充満し、川辺を散歩しているような気持ちで鮎をいただくという素敵なプレゼンテーション。
柔らかい鮎の身から立ち上る香気も相まって、さながら食べるアロマテラピー。香りも美味しさのうちだなと改めて実感。

そもそもピエールはワインしかり、ウィスキーしかり、ハーブしかり香りのあるものが好きだ。
それは嗜好の問題だけでなく、良い香りを嗅ぐことで脳をストレスから守りたいという本能が働いているのではないかと考えている。実際に、うつ病の入院患者さんに柑橘系香料の香りを漂わせたところ、抗うつ薬の投与量が半分以下に減量でき、免疫機能の指標が正常範囲になるなどの報告もある。

‘川魚の王’ 鮎の医食同源効果

食べても鮎は優秀。ミネラルビタミンがたっぷりで、カルシウム真イワシの約3倍ほとんどの種類のビタミンが入っていて、ビタミンEの含有量は魚類でトップクラス

ビタミンEは強い抗酸化作用があるため、「若返りのビタミン」と言われています老化の原因となる活性酸素の働きを抑えるほか、脳の免疫システムの機能低下を防ぐ働きもある。他にも血行を促してくれることによる手足の冷えや肩こりの改善、抗酸化作用 によるシミやシワも防いでくれるので若々しいお肌へとつながります。

さすがは’川魚の王’の鮎。頭・身体・肌の全てを若々しく保ってくれるというわけですね!
まだまだ季節が続くので、ご縁があれば香りと味を愉しみたいと思います。

かんだ
東京都港区元麻布3丁目6−34

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Sweet fish is called “King of river fish” from its beautiful shape, taste and fragrance.

It is common to serve with mashed knotweed leaves and vinegar, but surprisingly this sweet fish was served with a large amount of smoked knotweed leaves!
The scent of knotweed and sweetfish made me feel like getting aromatherapy.

Dr.Pierre love things with beautiful scent, such as wine or herbs. It may be the sign from the instinct to protect the brain from stress by sniffing it.

Sweet fish has the highest vitamin E content among the fish.Vitamin E is said to be the “rejuvenating vitamin” since it has the strong antioxidant effect.In addition to suppressing the action of active oxygen, it promotes blood circulation.It also prevents spots and wrinkles and promotes skin turnover, and prevents the functional deterioration of the brain’s immune system.

So the “King of river fish” keeps all of your brain, body and skin young.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら