“黒いものは腎に良い“についてお勉強

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒い食べ物は腎臓に良い!?

日本を代表する名店で大将が “黒いものは腎に良い” と言いながら供された一品はキャビア虎魚(おこぜ)。
大学では東洋医学外来にいたこともあって、漢方については多少の素養はあるのだけど“黒いものは腎に良い”は恥ずかしながら初めて知った。
教えてくれた先生の名誉のために言うと、もしかして習っていたかもしれないけど忘れていただけかもしれない。

何はともあれ今日は久しぶりに東洋医学の本を開いての復習にお付き合いいただければ。

腎の力を高める食材  医食同源効果

腎といった場合は、おしっこを作る現代的な意味の腎臓と中医学的な意味の精を宿すという二つのことを考える必要がある。精を宿すとはエネルギーをため込むという意味で、西洋医学的な観点からすると甲状腺ホルモンや男性ホルモンのような存在のことを指していると思う。

実際、加齢やストレスでホルモンが低下した時に起きやすくなる症状と腎が足りない(腎虚)ことの症状は似ている。
•疲れやすくなる
•物忘れ
•冷え
•耳鳴り
•抜け毛

中医学の世界では腎の力を高めるのは黒い食材や鹹味(かんみ)のある食材とされている。ちなみに鹹味とはっぽい味のことを言います。
黒い食材の代表は黒豆、黒ごま黒きくらげしいたけ、黒米、玄米のこと。鹹味のある食材はひじきわかめ昆布海苔などの海藻類を指すみたい。

こうした食材はポリフェノールビタミンAビタミンDが豊富で西洋医学的にもホルモンをサポートすると言えますね。

キャビアは本には載っていないけど、黒いし、塩っぱいので腎を良くしてくれる要素に溢れているのかな⁉️
でも一つはっきり言えることはキャビアを食べすぎると塩分多くてムクムし腎臓が悪くなるということ。
やはり何事も適量が大事ですね。

かんだ
東京都港区元麻布3丁目6−34

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

The dish of caviar and stone fish at the renowned Japanese restaurant.

I never know, but the chef told me the black food is good for kidneys in Oriental medicine!So I study again about it, relying on my old memories.

Being good for the kidney also means storing energy such as male hormones.And the symptoms are similar when hormones are reduced due to aging or stress and when having a kidney problem.For example, coldness, tinnitus, hair loss, etc.

Other than black ingredients, salty foods such as seaweed are also effective.These foods are rich in polyphenols, vitamin A and vitamin D, and support hormones in Western medicine.

The caviar is also black and salty, so it might be effective.However, eating too much caviar can cause swelling due to salt, and damage the kidneys.
So keeping moderate amount is important for everything, right?

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら