イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 牛カツ食べれば綺麗になるか頭が良くなるかの二択だよという話

牛カツ食べれば綺麗になるか頭が良くなるかの二択だよという話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とっておきの和牛カツ

牛カツを知ったのは研修医の頃。
激務のわりには薄給だったピエールの唯一の贅沢はバイトに出かける前に新橋にある牛カツおか田さんで食べる激レア牛カツのランチでした。

日本に伝わったカツレツの源流となるお料理は「コトレッタ」というイタリア料理。コトレッタは、日本のカツレツのようにパン粉をつけてたっぷりので揚げるというものではなく、スライスした仔牛肉をフライパンに少量の油で炒め焼きする料理。

日本にカツレツが伝わった当初は、牛肉が主流だったようですが、戦争下に滋養が高い牛肉は軍隊の食料として優先され、庶民は手に入れづらかったという事から豚肉がメインに変わっていったと考えられます。

今回はだいぶ贅沢に日本を代表する名店で牛カツを頂きました。徳島の牛を使った身質が柔らかくて、食感は驚くほどサックサク、それでいて油を全く感じさせない余韻が美しいもの。

ビーフカツレツは一般的に、欧米では「薄切り」「衣薄め」で日本では「厚切り」「レア」ですが、元麻布かんだでいただいた牛カツは両方の美点が余すことなく含まれている新食感の牛カツ。

そこに合わせるのは大将におすすめいただいた極上のジュヴレ・シャンベルタン村の赤ワイン。
特級畑のシャルム・シャンベルタンの熟成したワインからは、土やスパイスの豊潤な香りに混じって鉄っぽさが感じられるのが特徴。鉄っぽさを感じさせる赤身肉のきめ細やかな肉質と相まって素晴らしいマリアージュを魅せてくれました。

牛肉の知られざる医食同源効果

赤身牛肉は、美肌づくりに必要な栄養素である「タンパク質」「」「ビタミンB」の三つをバランスよく豊富に含む、最強の美容食

特に牛肉に含まれている鉄分はヘム鉄といって吸収率が非常に高く、貧血の予防に効果的です。鉄は脳の発達に不可欠なミネラルなので、記憶力や集中力を高めるとともに、 情緒の安定にもつながります

そんなわけで気のせいかピエールも今日は心なしかいつもより頭がシャープな気がします。
試験を控えている学生さんは“敵に勝つ”ために牛カツを食べてもらうのも良いかもですぞ。

かんだ
東京都港区元麻布3丁目6−34

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Pork is often used for cutlet in Japan, but beef cutlets have been popular for the past few years.

The origin of cutlets is Italian cuisine called “cotoletta”.Cotoletta is the sliced ​​meat, fried with a small amount of oil, rather than being fried with plenty of oil like Japanese cutlets.

Japanese cutlets are thick and rare.In this way, the charm of Japanese beef with high-quality fat and softness is highlighted.

Red beef is abundant in the three nutrients necessary for beautiful skin: protein, iron, and vitamin B.Especially, the iron content of beef has a very high absorption rate and is effective in preventing anemia.In addition, iron improves memory and concentration.

The best beef cutlets at the Michelin Japanese restaurant showed me the wonderful marriage with the mellow red wine from Gevrey-Chambertin village.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら