雲丹爆弾を食べれば若返る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗酸化ビタミンがたっぷり!こたついらずの雲丹

桂川沿いのカウンターがお料理の香りで海に。
この海藻の匂いがする海の香りは間違いなくピエールにとって昭和の夏の原風景。海しか思い起こすことのできないなんとも魅力的な香りは、ミネラルたっぷりの海藻をエサにしている雲丹によるもの。

雲丹は尿酸値のことが心配されがちですが、抗酸化ビタミンの宝庫でもあります!
ビタミンAは皮膚の粘膜を健康に保ち、シミやソバカスを防ぐだけでなく、抗酸化作用で紫外線によって生まれる活性酸素を抑える働きもあります。

そして同じく強い抗酸化作用のあるビタミンEも豊富夏場は冷たいものばかり飲んだり、冷房による体の冷えで血行不良になりがちですが、ビタミンEには血行を促進する効果もあり、「雲丹のこたついらず」という言葉もあるほど。

雲丹と丹後のとり貝のデュエット

雲丹とデュエットを奏でる丹後のとり貝は一般的なとり貝より一回り以上も大きく、肉厚で甘味があるのが特徴。
5~7月の僅かな期間だけしか味わうことが出来ないので、この時期に京都を訪れる楽しみの一つでもあります。今回は炭火でサッと炙ったとり貝を雲丹を混ぜたご飯で和える…というよりご飯を混ぜた雲丹に和えた一品。

海の恵みが幾重にも重なる素晴らしい夏のハーモニーでした。

ちなみに地球上のウニの9割を我々日本人が食べているそうですが、アメリカでも折からのSUSHIブームで雲丹も大人気。英訳すると「海のいたずらっ子」になる雲丹は、漁場を荒らしてしまう有害動物だと思われてきたので最近まで駆除され捨てられていたそう。

美味しさが全世界的に知られて来た雲丹はアメリカでも日本でも立派なお値段ですが、今年はコロナ渦で販売に苦労なさっているというお話をよく聞きます。例年よりも買いやすいお値段で提供されているので、ちょっと贅沢にご自宅でウニで若返ってしまう良いチャンスです!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

天ぷら松
京都府京都市右京区 梅津大縄場町21-26

 

Sea urchins grow on seaweed with a lot of minerals and are rich in antioxidant vitamins.Such as vitamin A not only keeps the mucous membranes of the skin healthy and prevents spots and freckles, but also suppresses the active oxygen due to its antioxidant effect.
In summer, people tend to drink only cold beverages and resulting in poor blood circulation. Since vitamin E also has the effect of promoting blood circulation, eating sea urchins protect the body from coldness.

The Japanese egg cockle served with sea urchin was thick and sweet.And I loved the wonderful summer harmony of sea urchin and egg cockle!

The name “sea urchin” translates into English as a “naughty child of the sea”, and until recently it was discarded since it’s considered to be the harmful animal to devastate fishing grounds in US!

Eat sea urchin and survive the hot summer coming togather.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら