食べるバイアグラの話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイではスイカを砂糖と魚粉で食べる

夏になると食べたくなるものの代表と言えばスイカ
日本では昔からスイカにはが定番ですが、タイでは驚くことにお砂糖を炒った粉をまぶすのが伝統的。おかずのようにスイカをたくさん食べることが、暑い国での大事な水分補給の方法なんでしょうね。

スイカを食べると精力がアップする!? 医食同源効果

そして食べるバイアグラの話。
過去に慈恵医大泌尿器科のDr.小池と対談した時に知ったのですが、実はスイカは精力と切っても切り離せない関係にあるらしい。というのもスイカにはスイカ以外の食品にはほとんど含まれないアミノ酸の一種”シトルリン“が含まれていて、これが体内でバイアグラの主成分と同じように一酸化窒素を増やして血管を拡張、血流を促進するのです。


また、シトルリンを摂ることで精液の80%を占めるアミノ酸の一種”アルギニン”が生成されるため、精子の量が増えて質が上がり、男性機能の回復力にも期待が!

アメリカの風刺画などでよく、スイカが性欲アップのシンボルとして描かれているのには根拠があったのですね。

アルギニンは成長ホルモンも増やす作用があるので、女性の若返りにも必須ですよ。

ちなみにシトルリンは果肉よりも白い果皮部に多く含まれているので、カブトムシになった気分で皮は捨てずにピクルスや炒め物にして食べてみるのが王道。
シトルリンは手足のむくみや疲労回復にも効果的ですし、スイカには他にも新陳代謝を促すビタミンAトマトで有名な抗酸化力の強いリコピンなども豊富。

水分ばかりの果物と思われがちですが、実は男性にも女性にも嬉しい食材です。
ただし男性の皆さん、食べすぎにはくれぐれも要注意してね。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

Japanese like to eat watermelon with salt, and in Thailand, sprinkling sugar and fish powder is the traditional way of eating.Eating lots of watermelons in this way must be important to rehydrate in hot countries.

Actually, watermelon is closely related to men’s energy.Watermelon contains a type of amino acid “citrulline”.It increases nitric oxide in the body, and expanding blood vessels and promoting blood flow, similar to the function of Viagra’s main component. Also, taking citrulline produces “arginine,” a type of amino acid which accounts for 80% of semen, so the amount of sperm increases and the quality improves, effective for restoring the male function.

Citrulline is contained more in the white skin than in the red part, so Dr.Pierre recommend you to pickle it and eat without throwing it away.
Citrulline is also effective in relieving swelling of limbs and fatigue.And watermelon is rich in vitamin A to stimulate metabolism, and lycopene with a strong antioxidant effect.So it’s an excellent fruit for both men and women!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら