イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 花粉症で悩む人に効きそうなグリーンピースのパスタ

花粉症で悩む人に効きそうなグリーンピースのパスタ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス料理界を沸かせた ’ベルナール・ロワゾー’ の乳糖フリーの豆のパスタ

日本では4月から6月に旬を迎えるグリーンピース。ブルゴーニュでは少し早い時期に山積みされたグリーンピースが市場にずらりと並びます。

それまでのコッテリしたフランス料理から脱却し、クリームやバターオイルなどを使わずに素材の味を引き出すことに重点を置いた’水の料理‘でフランス料理界を沸かせた天才シェフ、ベルナール・ロワゾーのスペシャリテとして供されたのが、そんな新鮮なのスープに粒々パスタを加えたもの。
濃厚そうに見えて、口にすると驚くほど軽やか。くっきりした豆の青さと甘さが引き立って、とても心に残る味わいでした。

グリーンピースの知られざる医食同源効果

実は、サヤエンドウとは元は同じ豆。まださやが柔らかく、丸ごと食べることが出来るものがサヤエンドウ。サヤエンドウよりも豆が成長したのがグリーンピースとなります。

グリーンピースがすごいのは、野菜であると同時に豆としての栄養も持ち合わせているというところ。野菜としては珍しくタンパク質を豊富に含んでいるので、肉類など動物性の脂肪分が気になる方には嬉しいですね。

また皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB1や、新陳代謝を促して細胞を再生してくれるビタミンB2などビタミンB群が豊富ビタミンB群はタンパク質の吸収を高める働きがあるので、相乗効果で粘膜をしっかりとしたものに。

ちなみにグリーンピースは野菜としてはビタミンB1の含有率が、豆としては食物繊維の含有率がともにトップクラスという優等生。

腸内環境がしっかりとしている人は花粉症などのアレルギーにかかりにくい事が知られています。

グリーンピースは炒飯の具や焼売のトッピングなど、なんとなく脇役としてのイメージが強いかもしれません。でも本当は粘膜の再生や腸内環境を良くしてくれるグリーンピース、今のうちにフレッシュな生の豆の美味しさを味わっていただきたいです!

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

The genius chef Bernard Loizeau created a new French cuisine which does not use cream, butter or oil.

And even after he died in 2003, his wife has taken over the management of the restaurant in Burgundy, and keeping its taste and Michelin star Dr. Pierre visited the restaurant in the middle of spring, the season when green beans fill the market in Europe.And I was fascinated by the soup of fresh beans and granular pasta.It looked thick, but had a surprisingly light and beautiful flavor.

Green pea is a vegetable, but it also has nutrition as beans.So unusual as a vegetable, it is rich in protein.And since the protein contained in green peas is vegetable, it is good for those who are worried about the fat content of animal protein such as meat.In addition, it’s rich in vitamin B1 to keep skin and mucous membranes healthy, and vitamin B2 to promote metabolism and regenerates cells.Since B vitamins enhance the absorption of proteins, it increases the effect of creating beautiful skin.

Green pea is top class in both vitamin B1 content for vegetables and dietary fiber content for beans.
So why not try the seasonal taste of fresh beans that are completely different from canned one!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら