イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > 田子町でニンニク掘りをして五臓六腑を活性化させる旅

田子町でニンニク掘りをして五臓六腑を活性化させる旅

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内の生産量の約70%を占める「田子産のニンニク」の美味しさの秘密とは?

青森県は日本一のニンニクの産地であり、国内の生産量の約70%を占めています。
驚くことに田子町に入ると窓から入ってくる風にはニンニクの香りが漂ってきます。

田子産の美味しさの秘密は寒暖差
大玉で真っ白なニンニクは冬の間雪の下でじっと糖度を蓄え、春の雪解けと共に糖度が高くなるようです。人を元気にするニンニクは育てるのにも非常に大きなエネルギーが必要なようで、継続的に土地の改良や手入れが必要と仰っていました。(収穫の仕方は写真二枚目)

お邪魔したこちらの農園では無農薬によるニンニク作りも行っているのですが、やはり虫だったり、葉っぱが着色したりとトラブルは多いよう。それでも無農薬で作られたニンニクは美味しさがマシマシになるというよりは素朴な優しい味がするんだと笑顔で話されるお顔が印象的でした。

ニンニクの知られざるパワー 医食同源効果

この収穫時期にしか味わえないのが「生ニンニク」。
通常、収穫されたニンニクは劣化を防ぐために1か月ほどかけて乾燥させてから市場やスーパーに出荷されますが、生ニンニクは文字通り採れたてそのまま。乾燥させていないので驚くほどみずみずしく、食感や風味もとってもフレッシュ。実際にニンニクを下ろしても白くなく透明な澄んだ感じ!

ニンニクはビタミンB1が豊富で、仏教では精力がつき過ぎて修行の妨げになると食用禁止だったほどに滋養強壮効果がうたわれてきた食材
東洋医学的には、咳を鎮め、五臓を活性化させる効果があります。またニンニクを食べることで、コレステロールの上昇が抑えられるという高脂血症の予防効果も。

ということで、ニンニクを掘った後は町内で育てられている幻の黒毛和“田子牛“で焼肉。もちろんニンニクを食べ比べながらエネルギーチャージ。

田子町では新しいニンニクも開発しているので、また近いうちに訪れてみたいと思います!
ちなみに通販なさっているのでご興味のある方は是非。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

上平農園の通販サイトはこちら!

 

At the time of harvest, the scent of garlic was drifting around the village.

And “raw garlic” can be eaten only during this very short harvest period there.Normally, harvested garlic is dried for about a month to prevent deterioration, but raw garlic holds plenty of water, so has surprisingly fresh texture and flavor.

Garlic is rich in vitamin B1 and is effective for fatigue recovery.In Oriental medicine, it has the effect of relieving cough and activating the internal organs.Eating garlic also helps prevent cholesterol elevation and helps prevent dyslipidemia.

Many Japanese garlics are pesticide-free and nutritious, so Dr. Pierre want everyone to try them!

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら