深夜の媚薬、トリュフ絨毯

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピエールがワインにハマったのは医大生の時に先輩に連れていただいたワインバーで、古酒という新しい世界を知った時から。そして世の中にはこんなにもワインのおつまみとして完璧な存在があるのかと同じく知ったのがトリュフのパスタ。

時は流れ、そのバーで働いていた方も独立してオーナーになり、西麻布で夜な夜な超セレブが集まるお店を経営している。通常であれば、敷居が高すぎるので立ち入ることもできないお店ですが、なんと20年ぶりに一緒に飲む先輩がご馳走してくれることに!

トリュフがなんで世界中の人を魅了しているかって、それは媚薬としての効果に違いない。
ローマ人には美食の対象であったトリュフも、ギリシャ人には性的刺激を誘発する媚薬として使われていたのです。トリュフを食べまくって13人の子どもができた農夫の話なども残っていたりしますが、実際はトリュフの香りはオスの豚のフェロモンと同じだそうで、オスの豚に女性が興奮するかと言われると微妙なところですけれど。

ピエールにはトリュフの凄さの本質は栄養素にもあるような気がしています。

トリュフにはカルシウムの吸収を促すビタミンD食物繊維が含まれています。

トリュフに含まれるビタミンDは女性の生殖にとても重要で、男性の精巣にもよい働きをするとの報告が数多く上がっていることを考えると、農夫の伝説もあながち間違いではないのかも知れません。

ここまでは同じキノコ類である椎茸しめじと同様ですが、トリュフには他のキノコにない効能が。

その1つは、ジアスターゼ。胃腸の働きを助けてくれる消化酵素の一種です。ジアスターゼはでんぷんを分解するため、炭水化物を摂るときには心強い味方。つまりトリュフとパスタというのは深夜の夜遊びのためには理に叶った組み合わせなのですね。

とはいえ、フランスでは「高潔な生活を送りたければトリュフを食べるな」ということわざもあるほどですから、食べすぎと一緒に食べる相手にはご注意が必要ですぞ。

ピエールは大丈夫かって⁇いつも美しすぎるワインのおかげで夢の中へ誘われますよ。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

 

The noble pasta with truffle carpet

Truffles contain vitamin D to help absorb calcium, and dietary fiber.This is also same for other mushrooms, but truffles have effects not found in others.The first one is diastase.It is a type of digestive enzyme to help the gastrointestinal function.Diastase breaks down starch, so truffles and pasta make a sensible combination.

The other is the effect as an aphrodisiac.Truffle, which is gastronomy to the Romans, is used as aphrodisiacs to induce sexual stimulation by Greeks.There is a legend of a farmer who ate a lot of truffles and made 13 children, but actually the truffle has the same scent as a male pig pheromone.Humans get excited to male pigs…⁉︎

However, the farmer’s legend may not be a lie because several cases show that vitamin D is important for female reproduction and works well for male testes.
In France, there is a saying ‘if you want to live a noble life, don’t eat truffles’ so if someone serves you a truffle carpet, be careful not to give in to temptation.

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら