肉食のシャコを食べると元気になれる訳は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大井町の中華料理屋「萬来園」。

僕は学生時代に先輩に連れてきてもらって以来、20年近く季節毎にお邪魔している。何が魅力的かというならば、主人が季節の食材毎に調理方法を提案してくれるスタイルにある。それだけに食べ手の料理の知識も問われることもあって最初の頃は先輩に任せっきりだったけど、少しずつ予習や復習をするようになって自分でオーダーできるようになるとまた楽しみが倍増する不思議なお店。

そんな名店でピエールの一押しなのがシャコ。この日はニンニク鷹の爪で新鮮なシャコをさっと蒸しあげる形でお願いした。生のシャコを茹でたり、蒸したりすることでシンプルに調理すると生まれる滋味深さは、お寿司で食べるのとは別のクセになる旨さがありヤミツキになります!
もう一つ注目すべきはシャコの栄養成分
実はシャコはカマキリエビという英名を持ちながらもエビの仲間ではないのです。エビカニよりビタミンAビタミンB群が豊富なだけでなく、タンパク質の種類も良質で、低脂肪とヘルシー。必須アミノ酸であるアルギニンが魚介類の中でもトップクラスなことも相まって、成長ホルモンの分泌を高めてくれます。成長ホルモンは皮膚、筋肉・髪の毛・臓器などの再生にも欠かせませんし、免疫力アップによる感染症を予防する効果も期待できます。

またアスタキサンチンによる強力な抗酸化作用やベタインとタウリンによる肝臓の解毒力アップによって二日酔いを防ぐ作用があるので、お酒を飲みながら食べる時は嬉しいですね。ベタインとタウリンは肝臓からの脂肪の排出を促してくれるので、油っぽい中華を食べる時には相性が良いですよ。

ちなみにシャコって肉食性で恐ろしく獰猛な生き物。貝類や甲殻類を叩きのめして捕食するのですが、そのパンチ力はベンチプレス70~80㎏を持ち上げるのと同様且つその速さは時速80キロと拳銃レベルだとか。ダイビング中にシャコに出くわしたら、美味しそうと思ってゆめゆめお近づきにならず、一目散に逃げることをお勧めします。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

萬来園
東京都品川区東大井5丁目6−8

 

Mantis shrimp is one of my favorite menus at the Chinese restaurant I’ve been going to for 20 years.Although when simply boiled or steamed, it’s full of flavor.

It has the name ‘mantis shrimp’, but it is not actually a shrimp.It has more vitamins A and B than shrimp and crab, and also contains good quality protein and is low in fat. The content of arginine, an essential amino acid, is one of the top among seafood and enhances the secretion of growth hormone. Growth hormone is indispensable for the regeneration of skin, muscles, hair, etc., and it can be expected to enhance the immunity and prevent infection.Also, astaxanthin has an antioxidant effect and betaine and taurine detoxify the liver to prevent hangovers, so It’s suitable when eating with alcohol.

By the way, the mantis shrimp is actually a carnivorous and terribly ferocious creature.
It eats shellfish and crustaceans by hitting them, and its punching power is about the same as lifting a bench press of 70 to 80 kg, and the speed seems to be as fast as 80 km / h.So if you encounter a shrimp during a diving, we recommend you to run away immediately, instead of approaching it as it looks delicious

〔シェフドクター PierreのBiography〕

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら