イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > “森のスープ”と呼ばれるタイの薬膳スープカレー

“森のスープ”と呼ばれるタイの薬膳スープカレー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの“森のスープ”。

ベースは約15種類ものスパイスや薬味を丁寧に擦り潰して作ったスープ。
これに、茄子バジル生胡椒など沢山のお野菜が入り、薬膳スープカレーとなる。

スープと具材、両方の要となっているのは、「フィンガールート」と呼ばれる生姜科の根。

フィンガールートはポリフェノールが多く、タイでは昔からフィンガールートを食べると美人になると女性に人気。抗酸化作用整腸作用もあって婦人科の食事療法にも使われます。高齢人参に似た成分が精子の密度と質を増加させ血流促進の効果があると判明したことで、男性にも根強い人気が出てきました。

体脂肪の燃焼を助けて代謝をあげる効果があるので、冷え性にも効果的。

また韓国で昨年人気スターがフィンガールートで大幅なダイエットに成功して話題にもなりました。

日本では粉末のものが手に入ります。生姜を使ったお料理に加えてみましょう!

 

Thai soup curry with medical herbs, called “forest soup”
A soup made by crushing about 15 kinds of spices and condiments, and a lot of vegetables such as eggplant, basil, fresh pepper.
The most important of these soups and ingredients is ginger family called “finger root”.
In Thailand, polyphenols are so rich that they are said to be beautiful when eaten, and because of their antioxidant and intestinal properties, they are also used in gynecological diets.
After ginseng-like components have been shown to increase sperm density and quality and to enhance blood flow, they are also very popular with men. It also has the effect of helping to burn body fat and increase metabolism.
Last year in Korea, a popular star succeeded in making a significant diet and became a hot topic.

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら