古都アユタヤにある1日1組限定レストラン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古都アユタヤにある、1日1組限定レストランでの一皿。

真ん中に置かれているのは「ナムプリック」と呼ばれるディップ。
ナムプリックはタイの主食のひとつで、様々な材料を使ったレシピが全土に50種類近く存在します。

今回いただいたのは、定番である海老味噌ベースのもの。発酵の奥深い旨みにライムの酸味とココナッツシュガーの甘みが加わり、素晴らしいバランス。

葉野菜若芽瓜類とそのツルにお花のつぼみ…とディップの周りを彩る山盛りのお野菜たちがあっという間に胃に収まってしまいます。

苦味のあるお野菜はマグネシウムが含まれていて身体には良いのだけど食べにくいというジレンマがあります。このナムプリックは苦味のあるお野菜を美味しくいただける魔法の調味料ですね。

このお料理は、日本のお味噌やアンチョビでシェフドクターピエール的にアレンジして、是非近々オリジナルレシピでご紹介したいと考えている一品です!



The dish at a very private restaurant in the ancient city of Ayutthaya.

Nam Prick,the dip sauce in the middle, is the most popular Thailand’s food. So you could find nearly 50 recipes using various ingredients all over the country.

What I enjoyed is the classic shrimp miso base. A exquisite balance of fermentation with lime sourness and coconut sugar sweetness.
A heap of vegetables and flower buds quickly get into the stomach.

Vegetables with bitterness contains a lots of magnesium and is good for health. But you might feel difficult to eat because of its bitter taste. This namprick is a magical seasoning that really goes with these bitter vegetables.
This is a dish that Dr. Pierre wants to arrange into Japanese miso and anchovies!

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら