イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 食べるだけで世界一周できそうなカラスミの蕎麦パスタ

[ドクターの食卓から] 食べるだけで世界一周できそうなカラスミの蕎麦パスタ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦粉のパスタ!?

銀座にオープンしたイノベーティブイタリアンで和洋折衷が素敵なパスタに出会いました。

それが写真のカラスミのパスタ。
カラスミのお蕎麦は和食店やお蕎麦屋さんでもよく見かけますが、ピエールが驚いたのはこのお蕎麦が蕎麦粉5 : 小麦粉5で作られているということ。五割蕎麦とも呼べるし、蕎麦粉のパスタとも言える。
お蕎麦の香り高さとパスタの食感がうまく融合しているだけでなく、カラスミの熟成した塩気と卵黄を麺に絡めて食べるとカルボナーラのようであるのもまた面白い。

カラスミには疲労回復や滋養強壮に効果あり!

そもそもボラの卵巣を塩漬けして天日干しで乾燥させたカラスミは日本の珍味というイメージを持たれる方も多いと思いますが、実は紀元前のギリシャやエジプトが発祥地。
日本には唐墨と書くことから想像されるように、安土桃山時代に中国から長崎に伝来したのがはじまりです。

そして今回は発祥の地、ギリシャのカラスミもいただきました。
日本のものと見た目が異なり、まるでスイーツのようなのは香りや湿度を保つために天然の蜜蝋で覆われているから。

カラスミはタンパク質ビタミンB12亜鉛タウリンが豊富なので、食べすぎることがなければ疲労回復や滋養強壮に効果があります。

イタリアでもアメリカでもフランスでも中国でも台湾でも珍味として人々を魅了するカラスミ。
美味しいものが世界を伝わることで食文化の世界が繋がることを一皿から実感しました。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

渋谷セントラルクリニックエグゼクティブディレクター
日本抗加齢医学会専門医、国際抗加齢医学会専門医(WOSAAM)、日本麻酔科学会専門医

料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ及びボルドーワイン騎士団コマンドリー、ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ、シャンパーニュ騎士団シュバリエと各団体から名誉ある騎士号を叙任している。またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

医師としては国内のみならずロサンゼルス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、再生医療、運動療法を取り入れた新しい統合医療をベースにした診療でアーティストや財界人にもファンが多い。最先端の西洋医学に通じている一方で、「鍼治療の魔術師」と呼ばれるほどの鍼の名手で東洋医学にも造詣が深い。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら