イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 東京野菜のベジブロスが心と体を癒すのにピッタリな理由

[ドクターの食卓から] 東京野菜のベジブロスが心と体を癒すのにピッタリな理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーサイフォンで入れるミネストローネ

日本の摘草料理とイタリア料理のDNAが化学反応したモダン医食同源イタリアンのスペシャリテが、コーヒーサイフォンで入れるミネストローネ。

上のガラス瓶には乾燥させた野菜の切れ端など、下のフラスコにはパルメザンチーズの皮や生ハムから取った出汁
火を付けると気圧が上がってスープが上のガラス瓶へと吸い上げられ、そこで野菜の旨みや香りが抽出されるという仕組みです。

密閉した容器内でうまみがギュッと濃縮されたスープを沢山のお野菜といただく目でも楽しめる一皿。

多種類の味が絡み合う味わいに、お野菜の力強いパワーを感じます。
ちなみに使われている野菜は全て東京で育てられたもので、その数なんと48種類というから驚き

フィトケミカルについて

本来捨てられる部位で作る野菜で作るスープが「ベジブロス」と呼ばれて近年注目を集めているのは、皮やへたに野菜の実からは得られない栄養が詰まっているから。
特に「フィトケミカル」と呼ばれる抗酸化作用が強く免疫機能を高める成分が豊富に含まれています

フィトケミカルは細胞に守られているため、普通に野菜を食べているだけでは吸収されにくく大部分が排泄されてしまいます
そこで、野菜の細胞壁を壊すために加熱で吸収されやすくすることが大事。
水からゆっくり煮出すことで成分が溶け出し、栄養たっぷりのスープになります。

冷蔵庫でなら3日程度、冷凍すればさらに長持ちしますので、サイフォンとはいわずとも大鍋でたっぷり作っておくと毎日のお料理が更に美味しくなると思います。
ピエールにとってもお料理を作る際の大事な隠し味でもあります。

エルバダナカヒガシ
東京都港区西麻布4‐4‐16 B1

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら