イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から] 不老長寿の鍵は伊勢海老とピーナッツにあり⁉️

[ドクターの食卓から] 不老長寿の鍵は伊勢海老とピーナッツにあり⁉️

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都で伊勢海老とピーナッツの炒め物

最近、京都は新しい中華、ヌーベルシノワの旗手として名高いお店が多い。
その中でも面白いなと思ったお料理が伊勢海老とピーナッツ(落花生)の炒め物。伊勢海老の身とピーナッツを炒めたものに、伊勢海老の味噌をシャーベットにしたものを併せて食べるという趣向。これが医食同源loverのピエールに刺さった。

そもそもピーナッツはアンチエイジングの世界では話題になることが多い豆
ハーバード大学は12万人の食生活を30年間にわたって観察した結果、ピーナッツを始めとするアーモンド、カシューナッツ、クルミ、マカデミアンナッツ、ピスタチオなどのナッツ類を食べると長生きの傾向がありと発表したから。

ナッツの知られざる医食同源パワー

ナッツ類はビタミンミネラルタンパク質食物繊維のバランスよく含まれていて、如何にも健康的ですが、ピーナッツに関していうならば糖質と脂質を効率よく分解するビタミンB3の一種であるニコチン酸が特に多い。ニコチン酸は体内でNAD+という物質になり、長寿遺伝子であるサーチュインを活性化することでの若返り研究が進んでいる。
同じくNAD+を増やすとされる若返りのビタミンと呼ばれるNMNの広告はクリニックにたくさんきますが、中には月に15万円という値付けのものもあるくらい高い。

それならまずは1日にピーナッツを10個くらい食べた方が良いのではないかなと思ったり…。
何はともあれ、ピーナッツに伊勢海老のシャーベットに含まれる天然の赤い色素であるアスタキサンチンによる強い抗酸化作用のパワーが加われば老化や病気も予防できるに違いないと思った次第!

ちなみに誤解がないようにしておくとピーナッツバターはアンチエイジングのためにはダメですよ。

京、精華
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町36−3

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら