イシペディア > 食事学と医療の大辞典 > シェフドクター ピエールの幸せのレシピ > [ドクターの食卓から]アメリカへの夢をTボーンステーキで見る

[ドクターの食卓から]アメリカへの夢をTボーンステーキで見る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tボーンステーキでフィレとサーロインを楽しむ

ピエールにとってのアメリカに行く楽しみの一つはステーキにあると言っても過言ではない。
年に何回もニューヨークに行く機会はないが、ピータールーガを常連と訪れた時の感動と言ったらオリンピックの開会式のチケットが当たるくらいのもの!

そこでTボーンの話。

Tボーンステーキの骨は脊髄のもので、T字の片側がフィレ肉,もう片方側がサーロインになっている。
つまり脂身の多いサーロインと柔らかなヒレのふたつの味を一度に楽しめる部位なのだけど、肉質の違う部位を一緒に焼くことは高度な技術を必要とする。

上手く焼ければサーロインの脂肪が固くなりやすいヒレの肉を柔らかに保ち、最高の相乗効果が得られる。
反面、失敗すれば両方をダメにするという緊張感のある部位なのだ。

会員制ではあるが、日本でも完璧な火入れをしてくれるレストランもあるので、各々の美味しさを堪能できるようになり至福の至り。

Tボーンステーキはフィレとサーロインを楽しめる

実は牛肉にはアラキドン酸と呼ばれる多価必須脂肪酸が豊富に含まれており、これが脳内で「アナンダマイド」という神経伝達物質に変わると幸福感や高揚感をもたらしたり、不安や怖れ、痛みを和らる効果があるのです。

お肉の美味しさだけでなく、またの名を「至福物質」ともいうアナンダマイト効果もあっての幸福感だったのかも。

幸福感もさることながら、牛肉と言えばやはりパワーアップ。
昔から牛肉はスタミナの源とはよく言ったものだけど、その一方で近年では若い人のタンパク質の食べ過ぎが警鐘が鳴らされている。

とはいえ、50歳を超えたら良質なタンパク質を積極的に摂らなくては免疫力や筋量の低下も招きかねません。最近ではサルコペニアという言葉も知られてますよね?

牛肉を食べてお腹がもたれる人以外はたまにはがっつり食べてエネルギーチャージするのもありなのでは⁉️
何はともあれ牛肉のうまさはその食感と余韻にあるとピエールは思います。

シェフドクターピエールのInstagram 【@chefdoctor_pierre】はこちらから!

〔シェフドクター ピエールの正体〕

医師・料理研究家

・日本のみならずロサンゼルス、フランス、フランクフルト、香港、バンコクに拠点を持ち、免疫栄養学に基づいた食事指導、ホルモン補充療法、運動療法を取り入れた新しい統合医療を提案している。

・料理芸術や食の楽しみといった価値感を共有するシェフや美食家が集う日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のオフィシエ

・ワインにも造詣が深く、フランスの主要産地から名誉ある騎士号を叙任している。

ボルドーワイン騎士団コマンドリー
ブルゴーニュワイン騎士団シュバリエ
シャンパーニュ騎士団シュバリエ

またパリ発祥で国内No1ワインスクールのアカデミー・デュ・ヴァンで’ワインと究極のアンチエイジング’の講座も担当している。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら