ビタミンはどのように吸収されるのか びたみんのきゅうしゅう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンは消化されず、そのままの形で小腸上皮細胞に吸収されます。
ビタミンの吸収は、脂溶性ビタミン(ビタミンADEK)と水溶性ビタミン(ビタミンB群、C)で吸収経路が異なります。

脂溶性ビタミンの吸収

脂溶性ビタミンの吸収は、脂質の吸収機構とほぼ同じです。脂溶性ビタミンは、小腸上皮細胞に吸収されたのち、脂質輸送たんぱく質であるキロミクロンに取り込まれ、リンパ管を経て肝臓に運ばれます。脂溶性ビタミンのうち、ビタミンEK1K2は、胆汁酸などによってミセル化された後に、小腸上皮細胞から吸収されます。

ビタミンAのうち、約90%は肝臓に貯蔵されますが、必要に応じて各組織へ運搬されます。ビタミンDは、おもに肝臓、脂肪組織、筋肉中に貯蔵され、とくに肝臓に多く存在します。ビタミンEは、ほぼすべての組織に取り込まれます。

水溶性ビタミンの吸収

水溶性ビタミンは9種類(ビタミンB1 ・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ビタミンB12 ・ビタミンC ・ナイアシン ・パントテン酸 ・葉酸・ビオチン)あり、多くのものは能動輸送(のうどうゆそう)によって小腸上皮細胞に吸収され、肝臓につながる門脈血に入ります。そして肝臓に運ばれた後に、各組織で利用されます。能動輸送は微絨毛膜(びじゅうもうまく)に存在するトランスポーターを介して行われます。トランスポーターの種類はそれぞれのビタミンによって異なります。

ナイアシン、ビタミンB6は単純拡散(受動輸送)により小腸上皮細胞に吸収されます。

ビタミンB12の吸収は特異的で、胃粘膜から分泌される糖たんぱく質(内因子)と結合して回腸で吸収されます。

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら