生体組織の構成成分 せいたいそしきのこうせいせいぶん

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人体を構成する元素のうちミネラルは主要元素の全体の4%を占めております。
ミネラルとは構成成分のうち、酸素、炭素、窒素、水素を除く全ての元素のことを言います。
これらの元素を主要元素と言い、生体の全質量のうち96%を占めています。

その内訳は以下の通りです。

  • 酸素  65%
  • 炭素  18%
  • 窒素  3%
  • 水素  10%
  • ミネラル  4%

その4%の内訳は、7種類の主要ミネラルが大半を占めます。

  • カルシウム  1.5~2.1%
  • リン  0.8~1.2%
  • カリウム  0.3~0.4%
  • 硫黄  0.25~0.3%
  • ナトリウム  0.15~0.2%
  • 塩素  0.15~0.2%
  • マグネシウム  0.05~0.1%

その他にも微量ミネラルである鉄、亜鉛、セレン、マンガン、銅、ヨウ素、モリブデン、コバルト、クロムが微量に含まれております。
ミネラルは長期間にわたって不足した場合欠乏症になるため、人体の構成には欠かせない必須元素と判断されています。

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら