イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 色々な病気に食事から向き合う > 機能性ディスペプシア(FD) > 機能性ディスペプシア② ヘリコバクターピロリ菌とサルモネラ菌には要注意【動画】

機能性ディスペプシア② ヘリコバクターピロリ菌とサルモネラ菌には要注意【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

本日は機能性ディスペプシアについてお伺いしております。

胃の病気と言うと、胃癌とか胃潰瘍に、ヘリコバクターピロリの感染が話題になっています。機能性ディスペプシア、胃のもたれとかにもピロリ菌の感染は関係しているのですか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

関係はしていますね。

もともと機能性ディスペプシアという病気が、ピロリ菌によって冒されてないということが前提で決められてる病気なんです。

胃カメラをやってみたり、他の検査をしてみたりすると、ピロリ菌がいる方の方が症状が強いということは実際にありますので、ヘリコバクターピロリと機能性ディスペプシアというのは大きく関連はあると思います。

Dr.ピエール大友

逆に言うとピロリ菌の除菌をすることによって、機能性ディスペクシアが良くなったりすることも期待できるのでしょうか。

Dr.菰池

かなり期待はできると思いますね。一度検査はされていただいた方がいいと思います。

Dr.ピエール大友 

機能性ディスペプシアとヘリコバクターピロリ菌の感染には相関性があるということですね。

サルモネラ菌の感染と機能性ディスペプシアが関係あるという文献を読んだのですが、それどうなんでしょう。

Dr.菰池

そう言った報告はありますね。サルモネラは日本人であれば、生卵を食べることで必ず感染するリスクを持っているのですけども、サルモネラ菌で胃腸炎を起こした後に胃もたれとか、下痢、あるいは吐き気、そういった消化器症状がずっと慢性的に引き続くという報告があります。そういった点からは密接に関連はあると思います。

Dr.ピエール大友 

サルモネラ菌を感染予防するために、何かいい方法があるのですか。

Dr.菰池

生卵から感染することが多いですので、当たり前のことですけども、手洗い。

後は、生の卵を扱う時には注意をする。例えば、食器ですね、調理器具とかに関しても非常に綺麗に清潔に扱って頂く。古い卵は食べないということも当たり前かもしれませんけど大事になります。

Dr.ピエール大友

機能性ディスペプシアは胃腸の病気だと思うので、食べ物も少なからず関連してると思うのですが。こういう食べ物を食べると良くないとかありますか。

Dr.菰池

一般的に一番言われているのが、高脂肪食、油を使ってる食べ物ですね。イメージはすぐに沸くと思いますけども、人間、油を食べると胃酸が、わあ~と出るわけです。酸の分泌によって、胃の痛み、胸焼け、ゲップ、そういった症状が非常に多く出る傾向にあります。

そういった観点からは高脂肪食は良くないですね。

Dr.ピエール大友

胃酸が出やすい食べ物がイマイチ良くないことになるのかもしれないですね。例えば、辛いものなどはどうですか。

Dr.菰池

辛いものも、症状がある方は控えていただいた方がいいです。

Dr.ピエール大友

お酒とかどうですか。お酒も、飲むとリラックスできる人も居れば、色々だと思うのですが。

Dr.菰池

お酒を飲んでリラックスできて適量を飲んでいるのであれば、非常に良いお薬の代わりになると思います。けれども、適量を超えていたり、あまり胃腸の調子が良くない時にお酒を飲んで症状を悪化させてしまうのは良い方法ではないですね。

Dr.ピエール大友

そうすると、お茶とかはどうですか。

Dr.菰池

お茶も同じですね。適量で。カテキンとか入っているので、カフェインとかもそうでしょうかね、適量であれば良いと思いますけれども、辛い時にお飲みになって、症状を悪化させることは避けていただいた方が良いと思います。

Dr.ピエール大友

なるほどですね。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら