らっきょう らっきょう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「疲れたときに・・・」の代名詞とも言えるらっきょうは、夏が旬の野菜です。野菜にしては品種が少なく、ラクダ、八つ房、玉らっきょう、九頭竜らっきょうの4種が存在します。

栄養素

らっきょうといえば、ツンと鼻を刺す強い刺激臭が特徴です。この臭いは、たまねぎやにんにくにも含まれる硫化アリルで、その仲間のアリシンには、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、これによって血行を良くしたり、乳酸を分解して疲労回復を早めたり、脳や神経を健康に保つなどのさまざまな効果が期待されます。
また、たまねぎの13倍という豊富な食物繊維を含み、そのほとんどが水溶性食物繊維です。血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きをもつとされており、生活習慣病予防に一役買っています。

らっきょうの主な栄養成分(可食部100g個あたり 中1個約6g)

効能・効果

心臓病予防:らっきょうにはビタミンB1の吸収を良くする働きがあるため、体内に必要な代謝を活発にします。ビタミンB1が不足すると、乳酸が蓄積し、体内の新陳代謝がスムーズにおこなわれないため、イライラや神経過敏が起こり、心臓にも負担をかけることになります。
整腸(下痢予防):らっきょうの臭い成分である硫化アリルは、非常に強い抗菌性物質です。ビタミンB1の吸収を高める働きとともに、腸を整えるので、下痢の予防になります。

東洋医学的側面

  • 寒熱:温(穏やかに体を温める)
  • 昇降・収散・潤燥:降(気を降ろす)・散(気を体の外へ出す作用)
  • 臓腑:肺・胃・大腸
  • 五味:辛(発散、気を巡らせる作用)・苦(気を降ろす、固める作用)
  • 毒性:なし

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

うす皮をむいてひげ根を落とし、甘酢漬けや塩漬け、しょうゆ漬けや味噌漬けにしておくと便利です。風味の移った漬け汁は捨てずに、肉などの下味に使うと、おいしく無駄なくいただけます。

参考資料

  • 色の野菜の栄養事典 吉田企世子
  • 日本食品大事典 杉田浩一他
  • 中国漢方医語辞典

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら