かき(牡蠣) かき

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牡蠣は、低脂肪高蛋白な食品で、栄養成分が沢山ふくまれおり、「海のミルク」や「海の完全食品」などと呼ばれることがあります。。

栄養素

牡蠣は、ビタミンB12や鉄を含み貧血や慢性疲労を解消します。
牡蠣に含まれている亜鉛が味覚障害や、免疫力低下、胎児の発育不全を防ぎます。
牡蠣にはグリコーゲンが含まれていて、運動能力やスタミナを維持する効果があります。

牡蠣の主な栄養成分(可食部100gあたり)

  • 蛋白質・・・・・・・・7g
  • 脂質・・・・・・・・・1.4g
  • コレステロール・・・・51㎎
  • ナトリウム・・・・・・520㎎
  • カリウム・・・・・・・190㎎
  • 炭水化物・・・・・・・4.7g
  • カルシウム・・・・・・88㎎
  • 鉄分・・・・・・・・・1.9㎎
  • ビタミンC・・・・・・3㎎
  • ビタミンB6・・・・・0.1㎎
  • ビタミンB12・・・・28.1㎍
  • マグネシウム・・・・・74㎎

効能・効果

代謝の促進、生殖機能の改善:亜鉛が多く含まれている。
貧血予防:鉄分、胴、ビタミンB12などの成分が効果を出します。
運動能力の向上:冬の牡蠣にはグリコーゲンが多く含まれています。
血圧・コレステロールを下げる:タウリンの効果です。
骨格の形成:カルシウムやマグネシウムが働き骨を強くしてくれます。

東洋医学的側面

  • 寒熱:(肉)温、(殻)涼
  • 昇降・収散・潤燥:潤 
  • 臓腑:肝、胆、腎
  • 五味:(肉)甘
  • 毒性:なし

痰(たん)を止めます。
寝汗をかかなくします。
美肌効果や血行改善が期待できます。

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

殻付の牡蠣を保存する場合は、殻を開けないで塩水を含ませたキッチンペーパーにくるんでボールなどに並べてラップをかけて冷蔵庫で保存して下さい。乾燥には弱いです。保存期間は2~3日です。

ビタミン類やタウリンは熱に弱いので、栄養分をしっかり摂るためには、生で食べるのが一番です。

ビタミンB群は水に溶け出しやすいので、鍋物にした場合は雑炊などにして、栄養分が溶けだした出汁も全部摂るようにして下さい。

牡蠣に含まれる亜鉛の成分は、ビタミンCやクエン酸と共に摂るとキレート作用により吸収されやすくなりますので、生や、焼き牡蠣などで食べる時はぜひレモンをかけて食べて下さい。

参考文献

  • ココカラクラブ
  • 食養生(携帯用) 肉類・魚介類の性味と帰経

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら