うずら うずら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウズラはキジ科の鳥です。ウズラの栄養価は高く、鉄分が多いため貧血によいとされています。ウズラは通年いただける食材です。

栄養素

ウズラは低カロリーとも高カロリーとも言えませんが、栄養価の非常に高いお肉です。特に、他の肉と比較してタンパク質の割合が非常に多く、特にリジンやシスチンといった必須アミノ酸が豊富です。そのため、成長期の子供や高齢者などに特におすすめできます。

ウズラにはビタミンB群も多く含まれています。ビタミンB2は水溶性ビタミンで、皮膚や粘膜の健康を保つ働きをしており、食べ物から吸収した糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変える働きをしています。ビタミンKには骨の形成を促す役割があり、骨粗鬆を予防することができます。

また、ウズラの肉には鉄分が多く含まれ貧血予防に効果的です。さらに、老化防止や美肌効果のあるコラーゲンも含まれており、女性にもおすすめのお肉です。

ウズラの主な栄養成分(可食部100gあたり 一人前目安150g)

  • タンパク質・・・20.5g
  • 鉄・・・2.9mg
  • ビタミンA・・・45μg
  • ビタミンB2・・・0.50mg
  • ビタミンK・・・53μg

効能・効果

老化防止:ビタミンB2が脂肪の酸化を防ぎ老化防止に効果を発揮します
骨粗鬆予防:ビタミンB2やビタミンKが骨の形成を促し骨粗鬆を予防します
貧血予防:鉄分やビタミンB12が新しい赤血球を作り出し貧血予防に効果があります
美容効果:リボフラビンというビタミンB2が豊富に含まれ皮膚や髪の毛の健康に効果的です

東洋医学的側面

  • 寒熱:平
  • 昇降・収散・潤燥:潤
  • 臓腑:脾、胃、大腸
  • 五味:甘
  • 毒性:なし

消化不良に効果があります
余分な熱を冷まし、水分代謝を促進します

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

ウズラは肉の部分が少ないので、骨と一緒に調理することが多いです。煮てスープにしていただくのが簡単です。その他、つけ焼き、ロースト、唐揚げなどにします。

参考文献

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら