紹興酒 しょうこうしゅ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紹興酒は、浙江省紹興地方が発祥の中国の代表的な醸造酒です。米、もち米、もちアワなどを糖化させたものをムギ麹で発酵させ、熟成させて製造します。老酒は紹興酒を長期間熟成させたものですが、熟成により香りが高まります。アルコール度数は、14~20度です。
仕込み水の代用に元紅酒を添加させ、甘みがありアルコール度数の低い「善醸酒(ぜんじょうしゅ)」、伝統的な製法で作る辛口の「元紅酒(げんこうしゅ)」、麦麹を元紅酒のもろみに添加後し醗酵させた甘みの強い「香雪酒(こうせつしゅ)」、もち米やムギ麹を多く使った「加飯酒(かはんしゅ)」などがあります。
季節を問わず一年中楽しめます。

栄養素

紹興酒は、他のアルコール飲料と比べて、遊離アミノ酸を多く含んでいます。特に、体の中で作ることのできない必須アミノ酸が多く含まれており、日本酒、ビール、ワインなどの2~36倍も含まれていると言われています。

リン、マグネシウム、マンガンなどのミネラルを豊富に含んでいます。ビタミンの中では、ナイアシン、パントテン酸が豊富です。

紹興酒の主な栄養成分(可食部100gあたり)

  • たんぱく質・・・3.1g
  • マンガン・・・0.89mg
  • マグネシウム・・・34mg
  • リン・・・67mg
  • ナイアシン・・・1.6㎎
  • パントテン酸・・・0.34mg

効能・効果

疲労回復:ビタミン類やミネラルなどを豊富に含んでおり、疲労回復に効果があります。さらに、必須アミノ酸を多く含んでいるため、体力を回復する効果もあります。

ダイエットに効果があります:紹興酒には消化を助ける効果があり、また、遊離アミノ酸の他リンなどが多く含まれているため、ダイエットにも効果があります。

骨粗しょう症予防:マンガンが骨の形成やタンパク質の合成を促進します。また、マグネシウムは骨の構成成分であり、骨の弾性を保ちます。

悪酔いしにくい:遊離アミノ酸を多く含んでいるため、他のアルコール飲料に比べて悪酔いしにくいです。

東洋医学的側面

  • 寒熱:熱
  • 昇降・収散・潤燥:昇、散
  • 臓腑:肝、腎、胃、脾、心
  • 五味:辛、苦、甘、酸
  • 毒性:微毒

体を温め、冷えを解消します。
利尿作用があり、むくみをとります。
血行を促進します。

栄養素を上手に摂るための保存方法と調理方法

紹興酒にはプリン体が多く含まれています。100mlあたりに含まれるプリン体の含有量はビールの3.3~8.4mgと比べて、7.7~11.6mgと多いため、飲みすぎると尿酸が蓄積し痛風の原因になります。

参考文献

  • オールガイド食品成分表 実教出版
  • 文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  • イラスト 基礎栄養学(第2版)大口健司・小野廣紀・田村明著(東京教学社)

関連するカテゴリ

関連する記事はこちら