前立腺がん⑧ オリーブオイルを取ろう【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

前立腺がんはやっぱり。脂肪がね、脂がすごい重要だって言われていると。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

結構、男性なんて食事を作った事も無い人も多いし困るんじゃないですか。外来って結構、奥様といらっしゃる方とか多いんですか。

Dr.小池

いや、そんなことはないですね。男性が一人で来ている方が多いですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。そんな時に動物性脂肪の話とかされたら・・・。分かんないですね

Dr.小池

分かんないですね。

Dr.ピエール大友

どんな油を使ったらいいとかって。

Dr.小池

一般的に言われているのは、やはりオリーブオイル。そうした植物性の油を使った方がいいというようなお話はさせて頂いていますね。

Dr.ピエール大友

オリーブオイルは、比較的炎症を引き起こしにくいことで有名ですけど。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

他に何か理由はあるんですか。

Dr.小池

ビタミンEですかね。

Dr.ピエール大友

ビタミンE、抗酸化作用があるから?

Dr.小池

そうですね、抗酸化作用があるビタミンEですね。

Dr.ピエール大友

ビタミンEってどうなんですか。

Dr.小池

ビタミンEだけ単独で摂ったからといって、前立腺ガンのリスクに影響を与えるかということを検討をしたような論文もあるみたいですけども差は無かった、という風に言われています。

Dr.ピエール大友

ビタミンEって言うと抗酸化物質の中でも一番最初に体のサビつきを抑える物質ですね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

それ以外だとセレンとかね、セレニウム。ビタミンEのちょっと一つ前で抗酸化に効くのはセレニウムっていう微量元素があるわけなんですが。

Dr.小池

それは非常にビタミンEとの相性もいいと言うことですね。

Dr.ピエール大友

いいですね。

Dr.小池

一緒に摂った方がいいということは言われていますね。

Dr.ピエール大友

セレニウムと言うと、ナッツとか、ニンニクとかそういった物に含まれているわけですけれど。そういうのって一緒に摂った方がいいんですか。

Dr.小池

一緒に摂って、先ほどのトマトとか、そういったものと一緒に摂ると非常に効果的なんじゃないかなと思いますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。小池先生のおすすめする、もう一つの、じゃあ、トマトカレーに引き続き、第二弾は。

ブロッコリーと、トマトと、オリーブオイルとナッツ入りのサラダを。

Dr.小池

サラダを!

Dr.ピエール大友

大豆もちょっと入ったりして。

Dr.小池

大豆もちょっと、そうですね。

Dr.ピエール大友

そうすると、少しその体のサビつきだったり、前立腺ガンを予防する上では。

Dr.小池

予防する効果は非常に高いと思いますね。はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。色んなバリエーションができるのはすごくいいですね。

Dr.小池

そうですね。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長
日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら