前立腺がん⑦ アブラナ科の野菜を取ろう!【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

前立腺がん、お野菜が少なくなってきたことが一つの問題だ、なんて、言われていますけど。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

小池先生、例えばさっき、トマトとかね。クルクミン、ウコンとか、大豆がいいって言ってますけど。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

他になんかおすすめのお野菜ってありますか。

Dr.小池

そうですね。よく言われているのはブロッコリー。

Dr.ピエール大友

ブロッコリー!

Dr.小池

はい。アブラナ科の植物がいい、と言われて、その代表がブロッコリーですかね。

Dr.ピエール大友

なるほど。なんで、アブラナ科のお野菜がいいんですか。

Dr.小池

あの、これも前立腺がんに限ったことではないと思いますが、やはり、腸管免疫を活性化させる作用が・・。

Dr.ピエール大友

腸管免疫を活性化、難しい内容ですね。

Dr.小池

はい。難しいです。

Dr.ピエール大友

つまり、腸の食べ物が色々通る時には色々とストレスがあるということですね。

腸では色々な免疫の反応が起きていて腸がダメージを受けることもあるけれども、そこを守ってくれる。って感じですか?

Dr.小池

守ってくれる。そうですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

そういう作用があるという風に言われています。

Dr.ピエール大友

それは、何か聞くと食べたくなりますね。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

じゃ、どんな時にブロッコリーとかおすすめしていらっしゃる?

Dr.小池

そうですね。今ね、現代社会、なかなか肉を避けるっていうのは難しいですから。

Dr.ピエール大友

前立腺ガンのリスクに動物性の脂肪があるって仰ってましたね。

Dr.小池

そうですね。はい。なんで、お肉を食べる付け合わせとしてブロッコリーを摂ったりするのはいいかもしれませんね。

Dr.ピエール大友

確かにね。ステーキやさんに行くと横にブロッコリーありますよね。

Dr.小池

そうですね。はい。そういうのも、一つの古来からの知恵なのかも知れませんね。確かに。うん。

Dr.ピエール大友

とすると、外来をなさっててね、でもやっぱり変えた方がいいですね、お肉と野菜の比率は。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

どんな風に作ったらいいんですか。

Dr.小池

昔はね、僕も今でも肉いっぱい食べて、ほんのちょっとしか付け合わせ食べませんけども。その比率を半々くらいに、とかあるいは、少しそのブロッコリーの方を多くしていった方がいいのかも知れませんね。

Dr.ピエール大友

なるほど。お肉は何でもいいんですか。やっぱり、動物性脂肪はよくないって話ですかね。

Dr.小池

そうですね。はい。もちろん動物性、赤身が少ない方が良いというふうに・・。

Dr.ピエール大友

赤身が少ない?赤身が多い?

Dr.小池

ごめんなさい。赤身が多い、脂肪が少ない方が。

Dr.ピエール大友

脂肪が少ない、フィレ肉とか。

Dr.小池

そうですね。そういうのがいいと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。じゃあ、脂の少ないお肉をやさしく焼いて、横には・・。

Dr.小池

付け合わせでブロッコリー。

Dr.ピエール大友

毎日ブロッコリーたべたら、嫌になるんですけど。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

アブラナ科のお野菜って他に何か無いんですか。

Dr.小池

そうですね。キャベツ。はい。あと小松菜。あと、カリフラワーとかですかね。

Dr.ピエール大友

まあ、似てますね。形ね。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。なるほど。そういったアブラナ科の野菜を上手く使いながら、お肉を食べるときとかは、そういうものを多くして。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

健康的にやっていく、と、そういうことですか。

Dr.小池

はい。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら