イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 前立腺がんになった後の食事 > 前立腺がん⑤ 緑茶、コーヒーは前立腺がんのリスクを下げてくれる【動画】

前立腺がん⑤ 緑茶、コーヒーは前立腺がんのリスクを下げてくれる【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

前立腺がんになる方って、ある程度高齢の方が多いから。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

やっぱり一服する機会が働き盛りの僕たちと比べて多いと思うんですけど。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

どうなんですか。コーヒーとか。紅茶とか。緑茶とか色々選択肢が有ると思うんですけど。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

前立腺ガンを予防したりする効果ってあるんですか。

Dr.小池

緑茶に関しては、いわゆる一般的なカテキンですよね。

Dr.ピエール大友

カテキン。

Dr.小池

はい。カテキンと言うものはやはり、前立腺がん、特にその進行性の前立腺がんの予防効果があるという風なことは言われています。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

コーヒーに関しても、これも明らかな予防効果かどうかっていうのは分からないんですけどもそのカテキンと同じようにですね、コーヒーも同じように、進行性の前立腺ガンのリスクを減らすというような報告は有るようです。

Dr.ピエール大友

なるほど。例えば、緑茶からお伺いしたいと思います。カテキン、おそらく殺菌だったり、抗酸化作用が効いているんだと思うんですけども。

進行性前立腺がんという普通の人に聞き慣れない言葉「前立腺がん」と「進行性前立腺がん」とどう違うんですか。

Dr.小池

進行性前立腺がんというものは、発見されたときに、もう既に転移があったりとか、あるいは前立腺の外に顔をだしてるような、いわゆる局所的な治療では、だけではできないガンを指すことが多いと思いますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。そうすると、前立腺の中でせめてゆっくり育ってくれていたらいいのに、外に出てくる、ちょっとたちの悪いもの。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

そうすると、そういうものを、もしかして緑茶は抑えてくれるかもしれない。

Dr.小池

かもしれないです。

Dr.ピエール大友

なるほど。なるほど。それはすごくいいことですよね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

どれくらい飲んだらいいんですか?

Dr.小池

どれぐらい。そうですね。一応報告のあるものでは、1日5杯以上と。

Dr.ピエール大友

5杯。まあ、でも緑茶5杯はそんなに辛くないですね。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

例えば、コーヒーだったら、どうですか?

Dr.小池

コーヒーだと、そうですね・・・。

Dr.ピエール大友

5杯くらい?

Dr.小池

5杯くらいですかね。

Dr.ピエール大友

5杯。5杯くらい?

Dr.小池

5杯くらい。

Dr.ピエール大友

本当に5杯っていいますか(笑)

Dr.小池

5杯はね、先ほどちょっとお話した、大豆を入れて、ソイラテにして飲めばいいんじゃないかなと思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。胃もね、ムカムカしないし。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

カフェインが苦手な人は、まあ緑茶を飲んでもいいし。

Dr.小池

そうですね。はい。

Dr.ピエール大友

そうじゃない人は、バランスよく。

Dr.小池

バランスよく。はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。なるほど。ってことですね。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

わかりました。じゃあ、合間には緑茶がよろしいのではなかろうか、と。

Dr.小池

そうですね。

前立腺ガンの患者さんは大体60歳以上の方が多いので、そう考えると緑茶の方がみなさん、おなじみなのかなというところはありますね。はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。胃にもやさしいし。

Dr.小池

そうですね。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら