前立腺がん④ 乳製品の代わりに大豆は?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

これまでの話で、前立腺がんに対して乳製品は賛否両論有るけども、どちらかと言うと避けた方がいいかもしれないとなると・・。ラテ、カフェラテを作るの難しくなりますよね。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

そうですね(笑)

Dr.ピエール大友

そうすると、やっぱりソイ(大豆)ラテですか?

Dr.小池

ソイですかね。やはり。

Dr.ピエール大友

大豆

Dr.小池

大豆。はい。

Dr.ピエール大友

一般的に大豆は前立腺がんにはどうですか。

Dr.小池

大豆は、前立腺ガンに対しては非常にリスクが低下するというような報告が結構出てきてるという現状ですね。

Dr.ピエール大友

大豆は前立腺がんのリスクを下げてくれるかもしれない。

Dr.小池

下げる方向に、はい。そうですね。

Dr.ピエール大友

それは、どういう作用機序?どういった理由で?

Dr.小池

大豆のやはりイソフラボンの作用

Dr.ピエール大友

イソフラボン!

Dr.小池

はい。あと、イソフラボン誘導体がエストロゲン(女性ホルモン)受容体と結合能力が高いことが関係しています。またイソフラボン誘導体がいわゆる男性ホルモンの一つである、ジヒドロテストステロンと特異的に結合することによって前立腺ガンのリスクを下げると言われています。

あと、もう一つ、これは、前立腺ガンに限ったことではありませんけども、イソフラボン特有の抗酸化作用ですね。

Dr.ピエール大友

抗酸化、体のサビつきを抑える作用ってことですね。

Dr.小池

そうですね。そういったものが前立腺ガンのリスクを下げるという風に言われていますね、はい。

Dr.ピエール大友

ということは、イソフラボン誘導体が男性ホルモンや女性ホルモンの受容体とくっついてくれることによって、余計な、過剰な働きを抑えてくれるということですね。

Dr.小池

はい。そうですね。

Dr.ピエール大友

あとは、体が酸化する、サビることによって生じる細胞へのダメージを予防してくれる

Dr.小池

酸化する。そうですね。

Dr.ピエール大友

いい事ずくめそうですね。

じゃあ、みんな大豆を摂った方がいいんですか。

Dr.小池

いわゆる大豆イソフラボンの誘導体であるエコールっていうものがあるんですけど、それが出来る人とできない人がいるんで、その辺が重要というかね。

Dr.ピエール大友

最近話題のあれですよね。エコールは大豆イソフラボン(ダイゼイン)から作られるけど、個人が持つ腸内細菌の資質によって、最終的にエコールにできるかできないとか、その話ですか

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。でも、まあ全体としては、抗酸化作用も有るし。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

小池先生だったら、大豆と牛乳だったら、前立腺が怪しいな、と思ってきたら・・。

Dr.小池

それは、もう大豆をですね、おすすめします。

Dr.ピエール大友

大豆をおすすめします。なるほど。それはすごく良いことをお聞きしました。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

ありがとうございます。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長
日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら