イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 前立腺がんになった後の食事 > 前立腺がん③ 動物性脂肪、乳製品、肉や魚との関係【動画】

前立腺がん③ 動物性脂肪、乳製品、肉や魚との関係【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

前立腺がんと動物性の脂肪の関係についてお話を聞きたいと思います。学会でも割と話題になるのは、乳製品が前立腺がんを助長するっていうかね、よくないって話があったり。その一方で関係ないって話もあると思うんですけれど。実際のところ、どうなんですか。

Dr.小池(東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長)

まあ、仰る通りで健康に良いって報告もありますし、人によっては良くないというようなことも言われていますので。統一的な見解は僕は無いと思うんですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

ただ敢えて摂った方がいいのかどうかって言うことに関しては、私個人の立場から言わして頂くと、そんなに意識的に摂る必要はないんじゃないかと考えてます。

Dr.ピエール大友

例えば、60歳くらいの方で、ちょっとずつ、ちょっとずつPSAが上がっていく人って多分外来にいらっしゃいますよね。

Dr.小池

いますね。

Dr.ピエール大友

そういう人が先生にご相談した時に、どうでしょうか、私、骨粗鬆症のために牛乳飲んでるんですけどって言われたら。先生はどんな風なことを言うんですか。

Dr.小池

今までお話しした内容で牛乳が良い方向に働く人と悪く働く方向になる人もいるというお話をさせて頂きます。もし意識的に摂っているのであれば、そちらに関してはそこまで頑張らなくていいんじゃないかなって言うようなお話をさせて頂くと思いますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。前立腺がんそのものはライフスタイルでちょっとずつ悪くなっていくけど、牛乳を積極的に摂る生活によって、もしかしたらPSAが上がってる可能性もあるからってことですね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

そうすると、ちょっと牛乳を止めてみて、PSAの値がどうなるかみたほうがいい。

Dr.小池

そうですね。止めてみてどうか。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。それはすごい面白いですね。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

動物性の脂肪って、あと植物性の脂肪なわけですけど、動物性と言えばお肉だけじゃなくて、お魚もありますよね。

Dr.小池

そうですね。

Dr.ピエール大友

お魚、どうですか?

Dr.小池

お魚はですね、基本的には、もちろんの脂よりはいいと言われていますけれども、それを摂ったからといって前立腺ガンのリスクが下がるかというようなことに関しては、一定の見解は無いみたいですね。

Dr.ピエール大友

一般的にはね。動物性の脂肪、お肉の脂肪(例えば牛肉とか豚肉とかのような赤いお肉)に関しては、オメガ6の不飽和脂肪酸で、炎症を引き起こしますよとされていますね。お魚は、どちらかというと、オメガ3の不飽和脂肪酸でどちらかというと、慢性的な炎症を抑えるって話だと思うんですけど。

どっち、食べますか?って先生、言われたらどんな風に答えますか。

Dr.小池

やはり、は先ほどからお話している通り、やはり前立腺ガンに悪く働くって分かっていますので。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

やはり、どちらかを取ると言うならば、お魚の方を摂ったほうがいいかなという風にはお話できると思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.小池

はい。

Dr.ピエール大友

わかりました。ありがとうございます。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

小池祐介 東京慈恵会医科大学泌尿器科医局長
日本泌尿器科学会専門医指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本排尿機能学会認定医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医

趣味は90年代洋楽ロック鑑賞となかなか上手くならないゴルフ

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら