すい臓ガン⑦ タンパク質の働き【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

すい臓がんのリスクに、赤身の肉、燻製だったり加工しているものも含めて有ると、なんとなくタンパク質が体に悪いんじゃないか、みたいな、ベジタリアンの方がいいんじゃないかみたいな、そういう話になってきそうなんですが。実際のところはどうなんですか?

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

うーん。ただ、良質なタンパク質を摂るっていうのは、すごく大事なことだと思いますね。

Dr.ピエール大友

一般的にはね、僕のところ来る人達も、若い女の子とか男の子では、タンパク質が足りない人達ってのは少なからずいますけれども。タンパク質って例えば、どんな働きをしてくれるんですか。

Dr.菰池

人間にとっては、免疫を高めたりですね、あとは、再生能力、人間、再生能力がありますけれども、組織、傷んだ細胞とかを修復するような作用がありますよね。

Dr.ピエール大友

まあ、お肌にしかり、骨にしかり。

Dr.菰池

はい、そうですね。

Dr.ピエール大友

原料はね、タンパク質ですからね。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

タンパク質が無い事には、工事は進まないということですかね。

 

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

そうすると膵炎にすい臓がんのリスクファクターが有る人、例えば慢性膵炎だったりとか糖尿病だったりとか肥満の人。お酒も飲んだり、煙草も吸う人で、煙草を止めよう。お酒も減らそうと思っていらっしゃる方におすすめのタンパク質って何かありますか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

そうですね、卵とか、鶏肉から摂取できるタンパクっていうのは非常に良質だと言われてます。

Dr.ピエール大友

卵はね、アミノ酸スコアも100で、アミノ酸のバランスが非常にいいことで有名ですよね。

Dr.菰池

そうですね。あとはまあ、日本の方でしたら、豆腐。

Dr.ピエール大友

豆腐

Dr.菰池

なんかも、非常に、大豆から取れるようなタンパク質もそうですけど、いいですよね。

Dr.ピエール大友

あとはどうですか。

Dr.菰池

まあ、お肉だと、お肉だとって言うか、お魚のお肉ですよね。はい。すごく良質なタンパク源にはなると思います。

Dr.ピエール大友

僕のとこに来るような患者さんだと、ナッツどうですかみたいな話になるんですが。ナッツどうですか。

Dr.菰池

うん。ナッツもいいと思いますね。僕も好きです。うん。

Dr.ピエール大友

何か、こうローストをしたらだめとか、あんまり、塩っぽくしちゃだめとか。何か、そういうのあるんですかね。

Dr.菰池

まあね、塩っぽくしたりするのは、よくないでしょうけど、ナッツバターなんていう言い方はよく有りますけど。

Dr.ピエール大友

なるほど。適度にフレッシュな、ものを食べた方が、ナッツもいいということでしょうかね。

Dr.菰池

そうですね。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら