肝臓がん⑦ コーヒーが肝臓を守る?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

アルコールが、脂肪肝だったりね、肝細胞がんに悪さをするっていうのはよく分かったんですけど。止めるのは実際には辛いっていう人いますよね。現実、それはどこか自業自得のところもあるんでしょうけど、アルコール飲めなくなっちゃった、愛した嗜好品がね、無くなっちゃた時には何かアドバイスあるんですか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

これもね、個人差ありますけど、例えば、コーヒー。

Dr.ピエール大友

コーヒー!

Dr.菰池

いかがでしょうか。

Dr.ピエール大友

コーヒー。いいですけどね。どれくらいの飲んだ方がいいですか。実際のところ、コーヒーは守ってくれるのですか、肝臓を。

Dr.菰池

ある程度適量であれば、肝臓を守ってくれるとは言われています。

Dr.ピエール大友

適量とは、また難しい。

Dr.菰池

難しいですね。

Dr.ピエール大友

はい。アルコールの時は、ビールを男性は2缶でしたけど、コーヒーだとどうですか?多ければ、多いほどいいですか。

Dr.菰池

そうですね。実はこれは、昔から色々な研究がなされていて、追跡調査で何杯習慣的に飲む方が肝臓がんになりにくかったっていうのがあるんですよね。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

色んな報告をまとめると、2杯、3杯、4杯くらいっていうのが、肝臓がんに関して言えば、適量。予防的な意味では適量と言われています。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。それ非常に面白いですね。多分、症状が出る人もいますよね。カフェインが入り過ぎていると。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

だから、量を見た方がいいっていうのはそういうこと。

Dr.菰池

もちろん。はい。2杯飲めってわけじゃなくて、はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

それが適量、5杯飲んでいる方は2杯、3杯にしましょう、言うことでしょうね。

Dr.ピエール大友

なるほど。やっぱり、適量程よくいいバランスをとるということが重要だということですね。

Dr.菰池

そうですね。食事で言えばね。

Dr.ピエール大友

ということは、やっぱり、コーヒーは肝臓を守る、少なくとも肝臓に関してはもう万能な薬とは言わないけどいいものって理解でいいんですか。何か、弱点ないんですか。

Dr.菰池

そうですね、先ほどカフェインの話があったのと、あとは、一部の輸入もののコーヒーだと、先ほど話したようなカビの一種ですね。

Dr.ピエール大友 Dr.菰池

アフラトキシン!

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。

Dr.菰池

が、混入したり、っていうリスクもあるかも知れません。

Dr.ピエール大友

なるほど。アフラトキシンは、加熱に強いからコーヒー豆にして、お湯をかけてもだめですね。

Dr.菰池

だめでしょうね。

Dr.ピエール大友

なるほど。そうすると、やっぱり物を見ないといけないってことですね。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

なるほど。なかなかね、食品を選ぶの難しと思うんですけども。やはり、そういう時はあんまり安すぎる物はよろしくない、ということですか。

Dr.菰池

そうですね。安い物が、質が悪いのかどうかっていうと、一慨に言えないかも知れないですけども、ある程度質を見て頂くってことは、本質なんでしょうかね。

Dr.ピエール大友

どういう風に運ばれて来たとか、ちゃんとリーファーで温度管理してきたかとか、そういうことを情報として知っておくべき、ということですかね。

Dr.菰池

そうですね。なかなか、情報を得るのも難しんですけどもね。

Dr.ピエール大友

こうしたトレーサビリティを見るっていうのはね、これからの、この国の課題でもありますよね。

Dr.菰池

かも知れませんね。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら