イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 肝臓がんになった後の食事 > 肝臓がん⑥ 非アルコール性の脂肪肝を改善させるには?【動画】

肝臓がん⑥ 非アルコール性の脂肪肝を改善させるには?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

非アルコール性の脂肪肝と肝臓がん、特に肝細胞がんの関係についてお伺いしたいと思っていますそのために、少し非アルコール性の脂肪肝についてお伺いしたい。

たしか何かあだ名がありますよね。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

あだ名、はい。そうですかね。よく、頭文字を取って、「ナッシュ」と言いますね。

Dr.ピエール大友

ナッシュ NASHですね。

Dr.菰池

NASHですね。

Dr.ピエール大友

それはもうあれですね。NAはノンアルコールの略ですね。

Dr.菰池

そうですね。ノンアルコールです。

Dr.ピエール大友

なるほど。どんな食事をするとなるんですか。

Dr.菰池

高脂肪食ですよね、一番まずいのは。

Dr.ピエール大友

脂がたっぷり。そんな映画ありましたね、前に。

(※Super Size Me)

Dr.菰池

ありましたね。

Dr.ピエール大友

ファストフードばかり食べすぎて・・・。

Dr.菰池

食べすぎて、アメリカでね。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。そんなイメージですか。

Dr.菰池

そんなイメージですね。あれはかなり度が過ぎてますけどね。

Dr.ピエール大友

やり過ぎてますけどね。例えばどんなものが体に悪いのですか?脂肪って言っても色々ありますよね。良い脂肪、悪い脂肪とかって言いますけど、そういうのってあるんですか。

Dr.菰池

そうですね。動物性の脂肪は一般的には、植物性の脂肪より悪いと言われています。

Dr.ピエール大友

動物性の脂肪って、例えば霜降りたっぷりみたいなお肉を食べすぎたら良くないってことですね。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

お魚は?

Dr.菰池

うん。お魚は体に悪い動物性の脂肪ではないという認識ですね。

Dr.ピエール大友

範疇でなくて、それは俗に言うオメガ3とか。

Dr.菰池

オメガ3。

Dr.ピエール大友

不飽和脂肪酸の種類が違うということですね。

Dr.菰池

そうですね。

不飽和脂肪酸。飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸の方がいいと言うことですね。

Dr.ピエール大友

そういったお肉の脂肪たっぷりのものを食べていて、GOT、GPT(AST、ALT)が高くなっているような人達では、まずそういうものは気を付けた方がいいってことですかね。

Dr.菰池

そうですね。気を付けた方がいいでしょうね。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。それ以外になんか気を付ける事ってあるんですか。

Dr.菰池

糖類であったり、はい。

Dr.ピエール大友

糖類?

Dr.菰池

糖類ですね。

Dr.ピエール大友

炭水化物?

Dr.菰池

炭水化物。まあそうですね。

Dr.ピエール大友

砂糖

Dr.菰池

砂糖、そうですね。これは血糖値の上昇の原因にもなりますけれども、肝機能、慢性肝炎っていうところを考えた上でも避けた方がいい食材です。

Dr.ピエール大友

血糖値がグーンと上がると、それが中性脂肪になってしまうとかそういうことですか。

Dr.菰池

なりやすくなりますね。

Dr.ピエール大友

なりやすくなるから良くない。

あんまりふざけてコカコーラ一気とかしたらいけないってことですね。

Dr.菰池

そうですね。よくないでしょうね。

Dr.ピエール大友

なるほど。それ以外に、こういうのを食べた方がいいとかあるんですか。

Dr.菰池

食べた方がいいものですか。

Dr.ピエール大友

野菜がいいと仰っていましたけれど。

Dr.菰池

はい。そうですね。食物繊維の豊富なものっていうのは摂って頂くといいかと思います

Dr.ピエール大友

なるほど。食物繊維が多いと、それは脂肪の上昇を防ぐ作用があったり・・。

Dr.菰池

そうですね。食物繊維は脂肪の吸収を抑えるっていうことでしょうかね。

Dr.ピエール大友

体内の炎症とか色々な話もこれまでありましたけど、そういうのにも脂肪肝が関係しているんですか。

Dr.菰池

していますね。

Dr.ピエール大友

食物繊維を摂った方が、体の中で炎症を引き起こしにくくなる?引き起こしやすくなるんですか?にくくなる?

Dr.菰池

にくくなる。まあ、これも適量ってのもまた難しいところですけどもね。量を間違わなければ慢性炎症は抑えられると思いますけれどね。

Dr.ピエール大友

なるほど。そうするとお肉とか沢山食べているときは野菜を沢山一緒に食べるっていうのはすごく重要

Dr.菰池

重要だと思いますね。

Dr.ピエール大友

症状が悪ければ、もちろんそういうのも控えた方がいいってことですね。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

なるほど。ありがとうございます。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら