肝臓がん③ 手術や抗がん剤治療後のアルコール【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

治療中とかね治療前の、肝臓がんの治療中、治療前のアルコールはよくない、ということが分かりました。ひとしきりね、例えば治療が3か月とか半年とかしてお腹の傷もだいぶ癒えてきて、例えば手術をしてお腹の傷も癒えてくるような時期、抗がん剤をしたら少し疲れが抜けてきたような時期に、お酒飲みたいって言われたら、先生はどのようにご説明しますか。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

はい。非常に難しいですよね。外来をやっているとね。

Dr.ピエール大友

言われますよね。

Dr.菰池

言われますね。

Dr.ピエール大友

元々好きな人ですしね。きっと。

Dr.菰池

そうですね。外科の先生と私みたいな内科の立場でちょっと、考えも違うでしょうけども。予防的な意味で、あるいは私の職業からお話をすると、アルコールは絶対にNOです。

Dr.ピエール大友

NO。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

でも、先生、Pleaseって、言われたら、どうしますか。

Dr.菰池

そうですね、これもまた病気の段階とか、手術がどういう風に上手くいったかによると思いますが。

Dr.ピエール大友

有る程度上手くいってるとしてね、いい状況であるとして。

Dr.菰池

先ほど、肝硬変とか慢性肝炎とか基礎疾患がもう今無い状態という風にお聞きしましたので、そういう状態の方でしたら、経過を追ってアルコールを常識の範囲で飲んでいただく。

Dr.ピエール大友

俗に言う、適量ってやつですね。

Dr.菰池

そうですね。これが、また難しいね。

Dr.ピエール大友

適量って難しい。逆に飲みすぎって、過度の飲酒ってどれぐらいなんですか。

Dr.菰池

そうですね。ドクター大友と、私みたいな下戸ではちょっと、もしかしたら違うかも知れませんが・・(笑)。

Dr.ピエール大友

いえいえ、違いません(笑)。はい。一般的に。

Dr.菰池

一般的には、アメリカの疾病予防センターでしたっけ。

Dr.ピエール大友

CDC。はい。

Dr.菰池

CDC。そういうところで定義されているのは、ビールで言うと350CCの缶、1本

Dr.ピエール大友

1本。

Dr.菰池

が、適量。

Dr.ピエール大友

1本!適量。

Dr.菰池

はい。

Dr.ピエール大友

それ、男性も女性も一緒ですか。

Dr.菰池

あ、失礼しました。女性だとですね。

Dr.ピエール大友

うん。

Dr.菰池

男性だと、まあ、2本くらいまででしょうね。

Dr.ピエール大友

2本ぐらい。倍、飲んでいいってわけじゃないですけど。でもアメリカ人だから、体がでかいだけかもしれないですね。

Dr.菰池

かもしれませんね。日本では、もうちょっと少ないのが常識だと思います。

Dr.ピエール大友

他の、例えばワインだったら、どれくらいになるんですかね。

Dr.菰池

ワインだと、グラス1杯、とかって言いますよね。

Dr.ピエール大友

グラス1杯。ってことは120CCとか150CCくらい。

ウイスキーだとじゃあ、アルコール濃度を考えると・・・。

Dr.菰池

その3分の1くらいでしょうかね。

Dr.ピエール大友

40CCくらい

Dr.菰池

40CC、50CCくらいでしょうね。

Dr.ピエール大友

なるほど、なるほど。それ以上、飲み過ぎている人は、過度。飲みすぎ、ってことですね。

Dr.菰池

と言っていいと思いますし、あくまで、病気を予防する為にはゼロがベターですけどもまあ、それくらいまでなら、適量、常識範囲内かなという感じでしょうか。

Dr.ピエール大友

なるほど。わかりました。ありがとうございます。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら