肝臓がん⑰ 休肝日はどれくらい作るのが正解?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

僕は痛み以外にもアンチエイジングも仕事なので、海外のアンチエイジングドクターの友達も結構居るんです。でもアメリカ人の先生にアルコールを飲んでると言うとcrazy扱いされちゃうんですが、その一方でヨーロッパの先生は一緒にワインを飲んだりって理解が有ります。

お酒をどのくらい許容できるのかとは、恐らく社会的な要素だったりもあると思うんですけども、肝臓専門医としてよく聞かれると思うんですが休肝日ってどれくらい取ったらいいの?肝臓のプロフェッショナルとしての視点でお答えください。

Dr.菰池 (たまち徳栄ビルクリニック院長)

そうですね。一番簡単なお答えは週2回程度の休肝日と言うのは肝臓専門医からのまず一つの提言です。

Dr.ピエール大友

お勤めの方だと一般的に月曜日から金曜日があって土日休むみたいな形が多いと思うんですが、週末休む続けて休んだ方がいいんですか。

Dr.菰池

続けて休肝日をつくるのと一週間のうち二日分けて取るのとでは一応これも臨床研究では差はないっていう結果になったそうなんです。

Dr.ピエール大友

それは肝臓のダメージに対してはあまり差がない

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

一週間のアルコールの総量が大事ってことですか。

Dr.菰池

肝臓は再生能力がある臓器ですので一旦ダメージを受けてもまた元に戻る力が有るので二日休んでも分けて休んでもまあ一週間後にはあまり変わらないっていうことなんですね。

Dr.ピエール大友

肝臓のダメージとしてはやっぱり一週間アルコールの量が重要ということですね。

Dr.菰池

はい。

先生はアンチエイジングがご専門で、そうしたアメリカの友人ドクターはやっぱりアルコールはだめって仰る方が多いっていう理由について聞いてみたいんですが。

Dr.ピエール大友

彼らは全てのがん10%~15%くらいはアルコールが関与しているわけだから、アルコールの量が多いというか、アルコールを飲むことがそもそもおかしいって発想だと思います。

予防医学という観点よりアンチエイジングの側面から言うと、アルコールを飲むと夜間に分泌される成長ホルモンが減るっていうのが一番の理由かなと思います。飲まない日に比べると70%くらい分泌量が減るっていう報告もあります。

Dr.菰池

成長ホルモンがですね。

Dr.ピエール大友

寝ている時に出る成長ホルモンの分泌量が劇的に減るという報告も有りますから。でも連続飲酒を止めるとですねまたピュンと戻るんですね。そういう観点からすると間に休肝日を入れた方がいいのかなと思います。例えば、週に一回水曜日に飲まなくて日曜日飲まないとかの方がいいのかな。

Dr.菰池

そうですね。

Dr.ピエール大友

肝臓は再生能力がすごいんでしょうけど、他の臓器は肝臓ほどは。

Dr.菰池

再生できないでしょうから

Dr.ピエール大友

というのが良いのかなと個人的には思いますけど如何ですか。

Dr.菰池

そうしてみようかと思います。

でも、もともとそんなに飲まないですけどね。

Dr.ピエール大友

まず飲まないことが全て。飲まない方がいいっていうのが前提ですけど、人間の楽しみっていう部分とどういう風に共存していくのかってことは。

Dr.菰池

うん。大事なことですよね。人生HAPPYに生きるっていうのも大事ですからね。

Dr.ピエール大友

仰る通りですね。でも飲みすぎには気を付けて。γGTPがやっぱり正常より上がった段階でやっぱりそれは相当戒めなきゃいけないですよね。

Dr.菰池

そうですね。仮に休肝日が週二回有るんだって仰る方でも、検診の結果で肝機能が悪いようだったらそれは足りないっていうことですので休肝日3、4日作っていただくことが大事です。

Dr.ピエール大友

それはずーっと飲んでいることによって肝臓の代謝が落ちていて、周りの方はその休肝日で大丈夫な方もいるかもしれないけどそういう人は少なくともダメージを受け始めているということですね。

Dr.菰池

そうですね。人によってねダメージの出方っていうのはまちまちですのでその方その方に合った休肝日設定っていうのは大事ですよね。

Dr.ピエール大友

なるほど。アルコールは少なめに。休肝日は肝臓だけのことを考えれば少なくとも週2回。アンチエイジング的な側面からすると分けて。水曜日と日曜日みたいに。分けてノンアルDAYを作って頂きたいという理解でよろしいでしょうか。

Dr.菰池

はい。勉強になります。

Dr.ピエール大友

勉強になりました。ありがとうございます。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

菰池信彦 たまち徳栄ビルクリニック院長

日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化管学会認定指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定感染症認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本カプセル内視鏡学会認定医、日本医師会認定産業医

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら