胃がん① 胃を切った後に起こること【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

今日は、静岡県富士市の川村病院に来ています。とても素敵な「幸ハウス」という、キャンサーケアリングセンター(cancer caring center)で撮影をしたいと思います。お話をして下さるのは、川村病院の副院長、川村雅彦先生です。よろしくお願いします。

Dr.川村(川村病院副院長)

よろしくお願いします。

Dr.ピエール大友

今日は胃ガンとかの理由で胃を切った後に、お食事をどういう風にして食べたら、クオリティオブライフ(QOL)が上がるか、健康に楽しく生きていけるかってことを聞きたいと思っています。まず、胃を切った後って、どんな事が起きるんですか。

Dr.川村

胃を切ると、胃が純粋に小さくなったことによって、胃に物を貯める能力(貯留能)が少なくなります。

もう1つは、胃には幽門という出口があるんですけれども、その出口が手術によって失われることによって生じます。食べ物が胃の中に留まれなくなることによって、胃の次にある十二指腸のほうへ出ていってしまうことが主に上げられます。

Dr.ピエール大友

貯められなくなることと、今度は直ぐ小腸、十二指腸に出て行ってしまうってことが問題なんですね。そうすると、どんな症状が出てくるんですかね。例えば、貯められないことによって起きる症状ってどんなことですか。

Dr.川村

食べものを貯める力がないので、やはり術前、胃を切る前と比べて、食事を摂れる量が少なくなってきますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。要するに、1回ですぐにお腹がいっぱいになってしまうっていうことですか。

Dr.川村

そうですね。

Dr.ピエール大友

食べ物がすぐ次の小腸にいってしまうことによっては、どんな症状がおきるんですか。

Dr.川村

食べ物が通常よりも早く次の臓器(十二指腸)にいってしまいますので、高血糖、もしくは、低血糖のようなダンピング症候群といわれる症状が出たりします。

Dr.ピエール大友

ありがとうございます。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら