乳がん⑥ アルコールはダメなの?【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

乳がんの一つのリスクファクターとしてアルコールが挙げられると思います。まずはじめにアルコールは乳がんには良くないんですか。

Dr.川村(川村病院副院長)

そうですね。欧米と日本で若干見解が違うんですけども。アルコールに含まれるアセトアルデヒド、エタノールが発がん性が有るということで欧米ではアルコールは乳がんを発現し易くする

Dr.ピエール大友

助長する。

Dr.川村

助長すると言う風に言われています。ただ日本ではそこまではっきりとしたエビエンスは無いんですけれど。

Dr.ピエール大友

因果関係があまり無い。

Dr.川村

と言われていますね。

Dr.ピエール大友

なるほど。先生ご自身のお考えではどうなんですか。

Dr.川村

私がお酒を飲むかということですか。

Dr.ピエール大友

先生がお酒を飲むのは知っているけれど。(笑)

乳がんの方で再発予防っていう観点から、ワインなりビールなり日本酒なりをお勧めなさるかどうかって話ですね。

Dr.川村

お酒も嗜好品ですので、乳がんになるからお酒を飲んではいけないということでは無いと思います。個人的には、お酒とは楽しみの一つですので、何でもそうですけど摂り過ぎないということ大事ですね。

Dr.ピエール大友

摂り過ぎの定義って因みにどのくらいから摂り過ぎなんですか。

Dr.川村

どうでしょう?人それぞれによってお酒の強さも違いますけれども。

私は肥満がやはり乳がんのリスクになりますので、肥満にならない程度のお酒の摂取でいいのではないかなと思います。

Dr.ピエール大友

でもお酒飲んでて食事食べない痩せてる人もいますよね。

Dr.川村

いますね。

Dr.ピエール大友

痩せていたらお酒をいくら飲んでもOK?

Dr.川村

何事も摂り過ぎないことが大事じゃないかなと思います。

Dr.ピエール大友

一般論としては、女性においてはワイングラス一杯以上はお酒の過度の飲酒となっていると思います。そうするとワインとしても一杯以上飲むことは良くないってことですよね。

Dr.川村

ワイン一杯で満足できる方と満足できない方がいると思いますけど、少なくともワイン一杯で以内であれば差し支えないんじゃないかなと思います。

Dr.ピエール大友

赤ワインとか白ワインとかねシャンパンとか色々有ると思うんですけど。例えばワインでも、一般的には赤ワインが健康にいいなんて話もありますけど。

先生はどうお考えですか。

Dr.川村

赤ワインはポリフェノールという点が有ると思うんですけど。それは先生の方が詳しいかも知れません(笑)

Dr.ピエール大友

アルコールは乳がんに良くないというアメリカやヨーロッパの報告の中にも、赤ワインは一杯くらいまでなら乳がんになる確率を増やさないという話も有ります。アルコールの何の成分が理由なのかは分かりませんけども、そういったポリフェノールなどの要素もあるのかなとは個人的には感じています。

結論としてはアルコールは極力飲まない方がいいけども、人と触れ合うためのソーシャルな活動をするために少し少量ならOKということでよろしいですか。

Dr.川村

いいと思います。

Dr.ピエール大友

はい。でも本当は極力飲まない方がいい。

Dr.川村

飲み過ぎないということですね。

Dr.ピエール大友

飲む時は赤ワイン。

Dr.川村

はい。(笑)

Dr.ピエール大友

一杯まで。

Dr.川村

一杯までと言うことですね。

 

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

川村雅彦 川村病院副院長
日本外科学会 専門医、日本消化器外科学会 専門医指導医、日本消化器内視鏡学会専門医指導医、日本消化器病学会 専門医、消化器がん治療認定医、日本乳癌学会 認定医、日本医師会認定産業医

‘診断から治療、看取りまで’をモットーにどんな時も患者さんの心に寄り添える医師を心がけています。

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら