イシペディア [IshiPedia] > 食事学と医療の大辞典 > 様々ながんに食事から向き合う > 乳がんになった後の食事 > 乳がん⑤ 肥満にならないライフスタイルがお勧め【動画】

乳がん⑤ 肥満にならないライフスタイルがお勧め【動画】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Dr.ピエール大友 (イシペディア編集長)

乳がんは戦後、特に1960年代からどんどん増えていてライフスタイルとの関係性が有るんではないかという話がありました。でもライフスタイルと言っても様々ですよね。

Dr.川村(川村病院副院長)

そうですね。

Dr.ピエール大友

乳がんを増やすような例えばライフスタイルっていうものは具体的には何か有りますか?ライフスタイルとして、こういうものは良くないよっていうのを教えてください。

Dr.川村

乳がんに一番なりやすい原因として上げられるのはやはり肥満。だからライフスタイルとしては食べ過ぎ。

Dr.ピエール大友

食べ過ぎ!

Dr.川村

それに運動のし無さ過ぎ。つまり肥満に繋がるようなライフスタイルは避けた方がいいと思います。

Dr.ピエール大友

体脂肪が増える、太る原因というのは様々だと思うんですが、一つは運動そのものがリスクを減らすって話もありますよね。

Dr.川村

そうですね。運動することによって筋肉(骨格筋)も鍛えられて、体重も落ちて肥満でなくなるということが乳がんのリスクを避けるということになると思います。

Dr.ピエール大友

なるほど。お食事ではどうですか?こんなものを食べてるとよろしくないとか。

Dr.川村

体重が増え過ぎないということが大事ですね。私は脂肪(油)が少ない方がいいと思います。

Dr.ピエール大友

脂肪にも体に良いとされる油、例えばオリーブオイルだったりとかアマニ油みたいなものからあまり体には良くないとされるお肉の脂まで色々だと思うんですけど。

どうですか?。

Dr.川村

色々な脂肪分が有ると思うんですけど極端に摂り過ぎなければいずれの脂肪分も問題ないかと思います。

Dr.ピエール大友

本当にお肉の油も大丈夫?

Dr.川村

その赤身の方がいいとかそういう話?

Dr.ピエール大友

はい。

Dr.川村

もちろんその赤身の方がいいとか色んなこと有ります。けれども本人の好みや嗜好も有りますので、油は摂り過ぎなければ大丈夫だと思います。私は何より肥満に気を付けて頂くと言うことが大事かなと思います。

Dr.ピエール大友

太らないようにするということが一つの指標だということですね。

Dr.川村

そうですね。

Dr.ピエール大友

それ以外に何かこういうものを食べた方がいいってこと有りますか?食物繊維とか大豆が良いとかって色々言われますよね。

Dr.川村

先ほどのホルモン剤の時も有りましたように、野菜を中心としたそういうビタミンだとか食物繊維をしっかり摂るということが大事です。

Dr.ピエール大友

なるほど。野菜にはビタミンだったりとかそういうフィトケミカルだったり、食物繊維としての良さがあるってことですかね。

Dr.川村

そうですね。

Dr.ピエール大友

勉強になりました。

 

大友博之 渋谷セントラルクリニック エグゼクティブ ディレクター

日本抗加齢医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、日本医師会認定産業医

最先端の西洋医学と東洋医学をハイブリットした統合医療で注目されている。Ishipediaでは、世界中で出会った根本的な治療を広めることをモットーにしている。ワインと健康食の愛好家しても名高く、ボルドーワイン、ブルゴーニュワイン、シャンパーニュワイン騎士団、日本ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会のメンバー

川村雅彦 川村病院副院長
日本外科学会 専門医、日本消化器外科学会 専門医指導医、日本消化器内視鏡学会専門医指導医、日本消化器病学会 専門医、消化器がん治療認定医、日本乳癌学会 認定医、日本医師会認定産業医

‘診断から治療、看取りまで’をモットーにどんな時も患者さんの心に寄り添える医師を心がけています。

 

この記事を書いた人

関連するカテゴリ

おすすめ記事

関連する記事はこちら