イシペディア [IshiPedia] > 記事 > コラム > うつ病は心筋梗塞、癌にも関連?うつがあると死亡率が上がる!?でもライフスタイルでも改善が可能!

うつ病は心筋梗塞、癌にも関連?うつがあると死亡率が上がる!?でもライフスタイルでも改善が可能!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの研究チームはうつ病と死亡率の関連を調べた研究で、うつ病は死亡リスクを43%高め、特に心血管疾患やがんによる死亡率を上げることを明らかにしました。また調査開始時に心血管疾患を認めなかった人と認めた人の心血管疾患死亡率のリスクはうつ病によりそれぞれ2.68倍、1.82倍高くなることがわかりました。また健康的なライフスタイルは、自殺以外の死亡率を17%、心血管疾患の死亡率を3%、がんの死亡率を12%低くすることが明らかになりました。うつ病と死亡率の関連において健康的な行いや健康状態は重要な働きをしており、高齢者のうつ病の危険因子の同定が重要であると強調しています。

関連するカテゴリ