イシペディア [IshiPedia] > 記事 > コラム > うつ病はパーキンソン病のリスクが3倍に!

うつ病はパーキンソン病のリスクが3倍に!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの研究からうつ病はがんや脳卒中に関係していることはこれまでも話題になってきましたが、うつ病とパーキンソン病にも関係があることを台湾のTaipei Veterans General Hospitalの研究者が発表しました。うつ病のある患者はそうでない患者に比べて、パーキンソン病の発症が3.24倍高いことが明らかになりました。今回の研究ではパーキンソン病の有意な危険因子は・うつ病であること(リスクが3.24倍)・高齢であること(リスクが1.09倍)・うつ病の治療が上手くいっていないこと(リスクが2.18倍)が挙げられています。今回の研究ではうつ病はパーキンソン病の独立した危険因子であるとしていますが、うつ病はパーキンソン病の初期症状という意見も根強くあり今後の更なる研究が待たれます。

関連するカテゴリ