イシペディア [IshiPedia] > 記事 > コラム > うつ病の糖尿病患者は血糖のコントロールが悪くなる

うつ病の糖尿病患者は血糖のコントロールが悪くなる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2型糖尿病があるアメリカの退役軍人を対象にした調査より、糖尿病患者でうつ病を患っている人は、うつ病のない人と比べて血糖値が高いことが明らかになりました。このことから うつ病は2型糖尿病の患者にとって、共存しやすい疾患であることであることが分かりました。このことは糖尿病患者のグルコースコントロールを十分に推奨範囲より高い状態にし、このため糖尿病の合併症のリスクが上がります。 糖尿病に起因する重要な合併症は血管障害、腎障害、網膜症、神経障害です。特に腎障害は透析導入の一番の原因であり、網膜症は失明の一番の原因となります。

関連するカテゴリ